フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

潮見表

無料ブログはココログ

2018年8月20日 (月)

独りでいってみた👍

今年は雨が多くてシーバスメインだし、諸事情により鮎が少なめです。

でも、某専門チャンネルで鮎番組をみていたら、行きたくなったので単独釣行にトライ。

昔から手を付けた釣りは独りで釣りに行けるようになって一人前と思っています。

(教えてもらった人への恩返しでもあると思う)

昔からアマゴ釣りで馴染みのある川にしました。

ポイントも昨年一度釣りをした所。

朝イチに群れ鮎の一見をゲットできてからはパタパタときて、

途中2時間くらいナニも起きない時間があったけど、チョコチョコ増やして

14匹(オトリ含む16)でした✌️

Dsc_0009_burst20180820174109205

過去トライした魚種の初単独釣行は尽く惨敗なのですが、

鮎に関してはまずまずのスタートかなと思います。

2018年5月 2日 (水)

ツンな日💉👿

泣き尺のタケノコは釣ったし、シーバスは例年並みに釣れているので、

GW5日目は足踏み状態になっている蒲郡方面に行ってみました。

(巷は平日なので最も早くから山梨へ行く計画をしとけば❗とやや後悔😥)

22時に到着し、左っ側からスタート🙋

GW前に入手したワームを投入すると1投目からアタリ😲

おしくもスカルノ⤵

その後も「ウッ❗」というようなショートバイトはあります。

一旦、仮眠を入れて夜明け前からリスタート🙋 (チョイお寝坊😝)

シルエットダウンしてショートバイトの正体は判明しました✌

Rimg2770

Rimg2772

「コレかー」というのが本音です😥

帰りながら別のポンイトにも入ってみましたが、エサすら釣れてないそーです。

エサに釣れなきゃルアーの出る幕はありません👯

三河湾あるあるの「ツンな日」に当たってしまったようです。

仕方ないですねー。

地元は全国的に有名なお祭りなので、参加はしないけど酒は飲みますか😁😁

酒が抜ける頃にはシーバスがアゲアゲ⤴⤴になっていると期待しよう😉

2018年3月21日 (水)

季節通りです⛄

ちょーっと暖かくなったからって油断したでしょー😒

ナンダカンダ言ってもまだ3月なんですよ。

ヤナギ氏家では渓流は4月まで雪に注意という教えがありましたし、

10年も経たない過去に東京で4月中旬に積雪があったこともありました。

(何度も言いますが)「八十八夜」は、茶摘みの時期を知らせるだけでなく、

その頃までは遅霜に注意しないといけないという言い伝えですので、

雪とまではいかないけど突然寒いときがあるんですよ。

「んなこと、忘れたー」と言ってるから何時までたってもイタイ目に合うのです🙎

(

特にマスメディアが「異常」という言葉を簡単に使いすぎ。

一両日や1、2年前と比べて異なることは異常かどうかはわからない。

50年、100年、1000年で見れば正常なことかもしれない。

気象ではないけどアノ「想定外」を繰り返さないために、

先人の言い伝えは大切にしたいものです。

)

ヤナギ氏は雨も寒さも覚悟の上で釣りへ🎣

似たような「変態」が居ない限り有名ポンイトを独り占めできるからです。

何かを変えたくて渥美半島ではなく蒲郡方面へ😉

雨のせいか人っ子一人居ません😋

まずはメバリングの真似事をやってみるも、素質がないのですぐに挫折。

底物へシフトするとすぐにアタリがありましたが抜きポチャ🙀

サイズは15cmくらいだったのでMRかと。

スタート直後、風は気になりませんでしたが、

小一時間もすると東よりの強風でトレースコースに悩まされることに⤵

風を上手く利用できる立ち位置に移動してみるとまたもアタリ✌

Rimg2709


約1ヶ月ぶりのタケちゃん(20前後)です。

毎年の事ながら「居れば食わせられるんだ」と思いました。

村田基さんではないが「魚が悪い❗」ということにします。

小移動を繰り返しているとアタリ✌

Rimg2712


今度はガッシー先生(22くらい)でした😲

北岸では初めて釣りました。

まだ身重な感じがありました。

風は時間を追う毎に強さを増すし、出発時から頭痛がしていたのですが、

3時になっても治まる気配がないので、一旦車に戻ることを決意。

何時も寝不足で痛くなる所と違ったので😓

休み明けから出張ロードも控えているので。

三度寝くらいして9時になっていたので強制終了となりました。

ナンとか頭痛は回復しました。

朝マズメがどうだったのか気になりますねー🙎

季節通りなんだろうか。

「釣れない」とは聞くものの行けば反応はあるので良い釣り場と思います。

お行儀よくしますので、また来させてくださいね🙇

追伸

今回の嵐は「冬に逆戻り」ではなく、着実に春に向かっている証です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジークラック リバイバルシャッド GEECRACK revival shad
価格:626円(税込、送料別) (2018/3/21時点)


2017年12月31日 (日)

2017年最後はジェロ申告

2017年も残すところあと僅か❗

30→31日で最後の釣りをしてきました🎣

場所は5月に尺タケを釣った蒲郡方面。

今回もたくさんの情報を貰った割には5バイトのジェロ申告です😥

ふがいない😞

一発ムチャはっきりしたバイトで、重みも乗ったんだけど、ワームがズレることなく戻ってきた。

チビなら激しくズレて帰ってきそうなもんだけど😓

デラビッグのお口の中でブランコしてきたと都合の良い解釈をしときます😝

蒲郡は家から1.5hなので、伊良湖に行くのと変わらないので、またリベンジに行きます😼

ヤナギ氏は、もれなく元日から全力投球でいきます👍

(「元旦に釣りしないのは死んだときだろうな。」と思ったり💦)

2017年5月28日 (日)

悲願達成🙌

今回はご贔屓にしているルアーメーカーが岡崎でイベントやるというので、

見学に行く前に蒲郡方面をやってみることにしました。

しかし、前情報では春爆は落ち着く傾向にあるとのことでした⤵

まだ確信がある程ではナイので、23号BPの大崎ICを通過するまで

何度、渥美半島に浮気しようと思ったことか😅

でも、どうせ岡崎に行くしということで撃沈覚悟で向かうことにしました。

23:30頃に到着🚙

お潮を読み違えていてベースにしようと思っていたポイントの方が良さそうだったので、

先発ポイントを変更しました🔃

(サゲポヨだと思っていたが、サゲ5分だった😏)

とりあえず、一番感触の良かったところからスタート🙋

最初は小魚系で攻めるも反応ナシ🈚

思うところがあって、早々にクロー系に変更。

すぐにアタリが😲

しかも重みのあるヤツでした。

立ち位置を変えて逆側から通したら再び来ました✌

Rimg2311


1.75号を信じてブッこ抜いたのは、今シーズン4本目の尺モノでした😍😍(31cm)

やいやい😓前情報からは想定もしてなかったサイズです😁

しかも夜に釣れるなんて💦

それにしても、やっと結果を出すことが出来ました。

今回、アタリは全てクロー系でしたね。クロー系にした理由は2つあります。

  • 情報を頂いている方のメインがベイト系で、その方が落ち着いてきたと言っている。
  • (例年なら)シーバスがそろそろカニを意識しだす時季。

最後のはタケちゃんに通じるかは不明ですが😔

帰宅後、答え合わせをしましたが、出てきたのは小さなエビ(エサのモエビ?)のみでした。

ギャ~人がタモで何かを取っていたので、クルマエビなのかな~と思いました。

もしかすると、クルマエビパターンなんか存在するのだろうか❓

近くの漁港に行ったり、軽くお寝んねしたりして、夜明け後からリスタート🙋

やはりクロー系は強しです✌

Rimg2312


一発まぁまぁかサイズが来たのですが、ワカメちゃんに化けました😱

太陽が上がると反応がなくなったので、長めのお寝んねをして、さらに西の港へIDO❗

堤防沿いをトレースするとカワイ子ちゃんが2つ来ました✌

Rimg2313


Rimg2314


「先端に行くまでに1本くらいは」と期待しましたが、

風が強くなりまともに投げれない状況に😣

最後は尺タケを釣ったポイントで粘るも追加はなく終了しました📴

昼ごはんを済ませて岡崎へ。

ベイトロッドの候補選定と、今後の展開をお話してきました。

ロッドは今が一番合ってるらしいので、お悩み中です😆

初めての尺越えなので、美味しく頂きました😋

Rimg2315


渥美のよりも臭みがない気がしました。

キレイな砂地があるからでしょうかね。


2017年3月12日 (日)

意外と楽しめた😊

さて、今週はコッチが本題❗

19時に出ようと思ったら、ナンダカンダやってたら20時半になってしまいました😅

現地には22時過ぎに到着🚙

その現地とは約1年前に家族旅行した蒲郡方面です。

風が比較的穏やかなので、人が多目かと思いきやガラガラ😓

とりあえず1年前に気になったポイントへ。

ボトムがわからないので、ベイトでサーチしていると結構当たる😲

一発イイ感触があったのですが、見事なスカルノをやらかしてしまいました😨

たぶん、20は軽くあったんじゃないかな😥

そして、1年半ぶりのベイトでのアタリだったのに⤵

その後、サゲポヨまではアタリが多くありましたが、獲れたのはコレだけ✌

Rimg2137

現場では魚種の判断出来ませんでしたが、お写真よりクロちゃん(クロソイ)です。

アゲになると一転、ほとんど反応ナシ❗

IDOもしてみましたが、変わらず😵

夜が明けてもしばらくやりましたが、ダメでした🙅

結局1匹だけでしたが、渥美半島のポイントよりはアタリがあるので、意外と楽しくやれました😜

やっぱり、居ればサイズ関係なくアタリあるんだとわかりました。

今回も情報を色々と頂きありがとうございました。

(結果が出ずスミマセン😢⤵⤵)

2016年3月27日 (日)

家族旅行にて(2016春)

今年も家族旅行へ行ってきましたpaper

鬼の人の家族と旅行ですが、河口湖に続き、ある程度ヤナギ氏に選択権があるため、

今回は以前から気になっていた蒲郡方面にしました。

(『遠くはヤだ』という条件があるため)

日中は家族サービスに徹し、チェックイン~夕飯前までは自分の時間をもらいましたgood

事前に情報を頂いていたところへ行ってみましたが、

夜光虫か何かのプランクトンで粉っぽく、気配がないため1時間で撤収しました。

もちろんノーバイツsad

ホテル前に戻り、昨秋に遠征計画だけしたときに気になったところへ行ってみました。

先行の同業者に聞くとミークロワームなら当歳魚がたくさん釣れるとのこと。

その系統のワームを持っていないワケではないが、ワザワザ来たのに、

結果を残さず帰るにはもったいないので自分の釣りを押し通しました。

もちろんノーバイツsad

前年春の伊良湖旅行は渥美半島に通うキッカケとなるワルデカガッシーを取ったので、

だいぶ期待していたのですが、今年はどうも簡単ではないようですdown

夕飯&お風呂後の本題へ移行しました。

堤防の付け根から順に撃っていくと、折れ曲がる付近で反応がありました。

Rimg1465

Rimg1466

タケちゃんは20cm強、ムラソイは17、8cmといったサイズです。

午前1時まで延長してみましたが、あとはチンマイアタリのみでした。

一眠りして夜明け直前から隣の堤防を撃ってみましたが、ミークロタケちゃんのみで終了end

去年が良すぎたんですね。

きっと通いこめば見えてくることがあるのかもしれないが、

去年から暖めてきた春パターンはもろくも崩壊しているなかで、

多方面に手をだしているようではドツボにハマるだけなので、

やっぱり西のホームをキッチリやろうと思いますwink

色んな意味で良い勉強になりました。

また、この日のために色々と情報を頂いた方には感謝申し上げますconfident