フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

潮見表

無料ブログはココログ

2016年2月21日 (日)

Slow Down

今日が本題ですrock

子供会の会合から戻った鬼の人と交代で出発しましたrvcar

前日の下見で少なからず戻ってきていることを確認していたため、足取り軽く出かけましたlovely

しかし、一つ誤算が・・・wobbly

愛知県に入った辺りでアメダスを確認すると、豊橋の風が北西 5m/sflair

気のせいにしようかと思いましたが、バイパス降りてすぐのコンビニの旗がバタバタとsweat01

ブイの風速は1.2m/sだったし、ナントカなるかと現場に向かいましたが、

フツーの人なら尻尾を巻いて帰るような状況でしたcoldsweats02

このときのためってワケじゃないですが、年末年始の不毛の時期に、

強風時にボトムを取る特訓をしたので、迷いなくスタートしましたon

風の関係もあり昨日合わせ切れを食らったポイントを重点的に撃ってみました。

切られたのと同じリグでしばらく撃っていましたが、反応なしdown

気分を変えて下向きにスローダウンするといきなり違和感がeye

しばらくすると、巻き始めでアタリがありましたscissors

Rimg1201

今日のファーストフィッシュは22、3cmのタケちゃんでした。

さらに撃っているとまたも巻き始めで反応がありましたscissors

Rimg1204

最初は根掛かりかと思いましたが、浮いてくるとヌワンヌワン首を振るので、

デカいのは確信していましたheart02

2016年初の尺越えです。(30cmジャスト)

タモさんは持っていなかったので、ドラグを締めてイチかバチか引っこ抜きましたpunch

昨日HDSSをブチッしてったのはチミかなgawk

尺超えましたけど、タケちゃんのこのサイズはまぁまぁかの部類ですsweat02

その後・・・、テトラに打ち付ける波が上がり、風も一段と強くなったため、

朝を待たずして終了しましたend

Rimg1205

某風車の風速計は12.6m/sを指していましたcoldsweats02

昨日の泣き尺に続き、本日は尺ゲットと、短時間の割に濃い釣りができましたgood

完全とはいかないものの、今日の2匹はムーンカーリーだったところを見ると、

アレを意識しだしているのかなという印象です。

本格的にアレが始まればもっとサカナが戻ってくるんじゃないかと思います。

赤潮が出ないことを祈るばかりですdelicious

<追伸>

尺はキープして今、食べている物のチェックをしました。

胃から出てきたの、チィ~ちゃいエビと、骨太な小魚でしたsweat02 (ミ~クロセイコちゃん?)

アレを意識しているかと思いましたが、まだ早いようです。

小魚パターンがわかっていればもうちょっと違う展開も試したかったなpig

もちろん、身はお刺身、骨・頭は唐揚げと余すところなく頂きましたwink

2015年11月 1日 (日)

場外ホームラン×2

熱はありませんが、木曜から体がだるく、金曜はさらにだるかったため、早お帰りしましたdespair

今週もダメかな~と思いましたが、病院で出してもらった薬を飲んだら、

何とかだるさは取れたので、釣りに出かけることにしましたgood

前回、尺タケノコが獲れたので、行かずに終わったポイントからスタートしましたon

なんだかリズムが合わず、根掛かりばかり・・・sweat02 (特大のshine流れ星shineを見たからか?)

そうこうしている内に、夜が明けてしまいましたfuji

夜が明けてからはチビちゃんたちの猛攻に合いましたscissors

Rimg0986

ホントは対岸まで調査しに行こうかと思っていましたが、

こんな状態ではミイラ取りがミイラになる可能性が高いため、

小移動することにしました。

いつものポイントに移動しても、しばらくおチビちゃんの猛攻が止まりませんでしたdown

『次こそは・・・、次こそは・・・』とやっているうちに正午のチャイムがなりましたbell

何を思ったか、おもむろにベイトに持ち替えると、いきなり手ごたえがありましたscissors

Rimg0987

ナント、さっきまでライトリグで散々通したハズなのに、一発ですよ。

しかも、2試合連続の尺ゲットですsign01 自己記録も35cmに伸びましたsign03

最初はチンマイと思い、数秒しゃぶらせていましたsweat01

ワームは安定のジークラック ビートクロー3インチです。

興奮冷めやらぬまま次のキャストに入りました。同じラインどりです。

一つ前の重みでPEが食い込みミスキャストになってしまいましたsad (3/4くらいの飛距離)

さすがに撃ち直そうとラインを張るとまたもアタリがsign01しかも結構な重量感scissors

Rimg0990

オイオイsweat01 2打席連続の場外ホームランですワlovely

1匹目との撮影時間の差は5分sign03

前回、お祭りを理由に乱獲しましたし、明らかに身重と分かったので、

2匹ともお引き取りねがいましたrecycle

その後、1時間粘りましたが、チンマイアタリが数回あった程度でした。

潮の見た目はそれほど悪いようには見えなかったですが、反応が鈍く、

大きいのが産卵などの理由に離れていたかと思いました。

今回の尺×2は、バチ食いでも、(エサ用の)エビ食いでもなく、

甲殻類食いの個体だったのではないかと思います。

あんなeveryday、everytimeハイプレッシャーのエリアで2打席連続で来るワケがない。

シルエットは大事だということを改めて感じました。

2015年10月17日 (土)

尺ロック、ついに!

週中から土曜は雨の予報となっていたため『自宅待機』にして、

いつでもスクランブル発進できる体制を整えましたが、久々に裏切られましたsad

2週連続なんて、そんなに上手くいくハズないですなcoldsweats01

『100%シーバス』で予定を組んでいたため、すぐにリスケが出来ず、

午前中はグズグズ過ごしていました。

髪の毛がボサボサになっていたので午後は床屋に行くついでに、

SWの渥美半島ツアーの振り返りで気になったところがあり、そこを見に行くことにしましたeye

散髪が終わって現場到着すると、すぐ準備をして入りました。

順に撃って行きましたが、反応はなく砂浜との境界でしばらく粘っていました。

すると地元の兄ちゃんが来て、色々教えてくれましたgood

話によると尺までのタケちゃんマンは期待できるとのこと。

ちょっとベイトでお遊びしていましたが、スピニングでキッチリトレースすると、

3連続バイトなど話のとおり魚影は濃そうでしたsmile

1匹20cmくらいのをキャッチしましたが、写真を撮ろうとしたときに手から離れてしまい、

再度キャッチを試みたもののアノ背びれが手にぶっ刺さり、キャッチできませんでしたcoldsweats02

もちろん、痛かったですcrying

夜の準備をしていなかったので、夕飯や準備を兼ねて移動をしましたrvcar

コンビニでご飯を食べて、とりあえずいつものポイント入ることにしました。

いつもの立ち位置から開始しましたon

しばらくアタリがなく、アジと戯れていましたcatface

何匹か掛けたのですが、抜きあげ中に外れるのが多発しました。

アジの反応がなくなり、再びロックに切り替えると、いきなり反応がありましたscissors

Rimg0969

ついに来ましたよ~up 尺ロックがsign03

33cmのタケちゃんマンですlovely

自作のヘビーダウンショットシステムにジークラック ビートクロー3インチ ソルトカラーで、

フックはちょっと長めの17、8cm(普段の倍)の位置にセッティングしました。

DDギャラクシー(ドラッグスター)のヘビーアクションなのに慎重になってしまうほどの重量感、

水面まで浮いてきたときに暴れたときの斑紋、別の魚が掛かったのかと思いました。

アジとロックを交互にやっていると、今度はスピニングで反応がありましたscissors

Rimg0973

2匹目もまぁまぁかsign02な、26cmのタケちゃんマンでしたnotes

エサ釣りが居なくなり少し沖目をトレースすると、しっかりしたアタリがありましたscissors

Rimg0976

3匹目は今回一番小さい24cmでした。

もう1ヶ所、明け方まで粘るポイントを考えていましたが、尺ロックが出たことですし、

気分も良いので終了することにしましたend

尺はこの時期に『出る、出る』とインターネット上で見たり、話に聞いたりしていましたが、

こんなにも早くに釣れちゃうとは思いませんでしたsweat01

今回はベイトを使っていたことが大きな勝因と思います。

スピニングだったら間違いなく根に潜られて終わっていたでしょうなthink

地元の兄ちゃんも産卵までは期待できるとのことなので、また狙ってみようと思いますrock