フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮見表

無料ブログはココログ

2015年3月 7日 (土)

ビッチでめで鯛

(※ず~しみ部長をやめて、シンデレラボーイに変更しましたsmile)

ヤリ鱒会3人で清水某所へ出かけましたrvcarcar

6日は啓蟄でしたが、こよみとは程遠く、夕方前から冷たい雨が降っていました。

到着時の気温は6℃だったと思います。

でも、一つ普段と違うことがあり、向かい風でしたtyphoon

投げづらいですが、エサが流されてくる可能性があるので期待できますup

まずは、『シンデレラの角』からスタートしました。

しばらくすると、そのシンデレラボーイの竿がひん曲がっていましたmoon3

Dsc_4141

45cmクラスのコチですからひん曲がりますわなsweat01

ヤナギ氏は密かに狙い続けていただけに、若干悔しいですpig

そして、シンデレラボーイは立て続けに同じサイズのコチを釣っていましたgawk

それにしても、地元は強いですな。

さて、管釣り部長はというと、反対側の角に陣取り、底をノックしていました。

こちらも、すぐに竿を曲げていましたmoon3

Dsc_4148

Dsc_4150

立て続けに22cmクラスと24cmクラスのガッシーを釣っていました。

ん・・・sign02 オレ、取り残されてるsweat01

左右でコチ、カサゴを釣られたら釣るもんないじゃんwobbly

でも、諦めずに底をノックしたらやっとお便りmailtoがありましたscissors

Dsc_4152

最初はずっしり重たく、途中から首を振ったので、すぐにコチとわかりましたが、

帰宅後、目印にした長さを計測したら、ナントsign0150cmジャストでしたnotes

その後、20cmを少し切るガッシーと、レギュラーサイズのカマスを追加しました。

しばらく、お便りmailtoが遠い時間が続きました。

シンデレラボーイはシンデレラタイムで終了となってしまい、

ヤナギ氏と管釣り部長は2時過ぎまで粘っていました。

それぞれ、少し離れたところで釣っていたのですが、何やら叫び声が聞こえたのですが、

酔っ払いが叫んでいるのだろうと思い、放っておいたら名前を呼んでるじゃないっスかcoldsweats01

犯人は管釣り部長で、近寄るとこんなのが付いていましたgood

Dsc_4156

ヤリ鱒会的に初のクロダイです。サイズは目印計測で、約45cmでした。

釣れるという情報はあったのですが、この会の人がキャッチするとは思いませんでしたlovely

管釣り部長は2年連続で海の初釣行でタイをゲットしています。(2014年はマダイ)

このサカナを最後に終了となりましたend

コチからクロダイまで各人がイイ思いが出来て良かったです。

これがあるから清水に通い続けるのです。

また、春はそこまで来ていますcherryblossom

毎年のことですが、3月は取りこぼしのないようにしたいと思います。

ちなみに、このタイトルで変なことを想像ちゃ~ダメですよcoldsweats01

ビッチは『ビッグコチ』の略、めで鯛は管釣り部長のクロダイのことです。

2014年8月10日 (日)

名古屋抜き

台風11号が四国に接近し、土曜日の昼からまぁまぁイイ雨になりましたrain

先週で『夏休み気分』は終了し、今週から"Part2"の土曜出勤でした。

窓を背にして座っていたのですが、午後からは外が気になって仕方ありませんでしたcoldsweats01

ただ、先日解析した降水量推移より、かなりの量がないと厳しいと思っていました。

その心配は的中し、窓を叩くような強い雨があるものの断続的で長くても10分程度でした。

4:00に起床してみると、やはり25mm程度で『お祭り』には程遠い感じでしたsad

川は土曜日の雨でやや増水+高潮でやや高めの水位だったので、

予定通りバス釣りに行ってみることにしましたthink

場所は久々にヤビィ池ですpaper

予想通り、減水が回復しておらず、インレットも出来ていませんでしたdown

悪天候のため、明るくなってから普段はインレットがあるポイントへINしました。

左手前のスジをトレースするとピックアップ時にスカルノしたのが目に入りましたeye

だいぶ、岸際だったので気づかれたかと思いましたが、

同じラインをスイミングさせるともう一度反応してくれましたscissors

Imgp4277

ナント、今シーズン2本目のゴンジャレス(52cm)でしたheart04

デッカイのはわかったのですが、精々47、8だろうと思い、

高い足場でしたが強引に引き抜いてしまいましたsmile

いわゆる『デラビッグ、名古屋抜き』です。(テレビ見過ぎですなsweat02)

16lbでホントに良かったと思う瞬間でしたhappy02

朝イチからコレなので、細かい釣りはする気がなくなってしまいましたが、

一応30cmクラスは1キャッチ、1バラシしておきましたscissors

Imgp4281

でも、昨年に比べて涼しいはずですが、魚の姿少ないのが気になりました。

7時になり近所の川の水位が下がったので、シーバス釣りにシフトしましたrecycle

比較的下流の水門に入りましたが、高潮対策で水門を閉めていたため、

インレットが形成されておらず想定はくずれました。

近くにある葦際でようやく反応がありましたscissors

Dsc_0103

ダ・メジャーは当てませんでしたが、60弱といったサイズだと思います。

家に戻り、110歩のシーパラに向かいましたrun

70cmクラスのハイパーブラックシーバスを掛けましたが、途中で外れましたweep

少し濁りが入った割には居着きのブラックシーバスだったのが気になりました。

今日はコレで終わりませんdelicious

床屋に行ってから15時に帰宅し、シーパラへ再エントリーしましたrun

午前中に掛けた付近を中心に入れると、すぐに反応がありましたscissors

Imgp4284

サイズは72cmでしたが、エサを食ったのかだいぶ走りました。

コレをリリースしてまだ足元をヨタヨタしているくらいのタイミングで

キャストを再開すると、ソッコーで次のが掛かりましたscissors

Imgp4285

少しサイズダウンですが、60cmくらいです。

コチラは『名古屋抜き』してやりましたcatface

『二度あることは三度あるsign03』またも70cmクラスが来ましたが、

石積みっぽくなっているところに潜られ、出て来たものの擦れてラインブレイクしましたcrying

さらに4発目も無念のフックアウトしてしましたdown

ホントに間髪入れずの4連発は、さすがのシーパラだと確信しました。

ココで連発はストップしましたが、ルアーローテしていると再び反応がありましたscissors

Imgp4286

ナンカ、2匹目と風貌が似ていますが、気にしないことにしました。(兄弟ということでthink)

もちろんこのサイズは『名古屋抜き』です。

ホントのホントに反応がなくなったので、本日は終了となりましたend

2014年6月 8日 (日)

猛打賞

やっと週休2日をもらえたので、土曜日は近所の川へ行きましたが、

静岡県は伊豆を除き、雨はあまり降らなかったため、釣果はイマイチでしたsleepy

(夕方、キビレの1チェイスのみ)

本日は床屋ついでに西の池をやることにしましたrock

ストレスMAXで今日も何もなかったらヤバいことになりそうですwobbly

夜明が明け始めた薄暗い内からスタートしましたon

思いの外、寒かったですwobbly 半袖で出発しましたが、開始前にロンTにしました。

(薄暗い中、上半身裸でお巡りさんが来たらヤバかったですcoldsweats01)

駐車場前のポイントは今回もお留守でしたempty しばらくお留守が続いています。

続いて42cmゾーンをやりましたが、田んぼの水が入り、白く濁っていましたshock

いつもの『お立ち台』に陣取り、両サイドを丹念に攻めてみましたsign01

すると、左サイドでアタリがありましたが、チビっ子でしたsad

コレが来ると猛攻となり、デッカイのはでないのではと早くも諦めムードに突入しましたpig

さらに左サイドを続けると、2回連続で根掛かり、かなり先まで外しに移動しました。

外した先でさらに先へ投げると、『ヌ~~』と重たくなりましたscissors

Imgp4203

湖底の岩に巻かれそうになりましたが、何とか脱出し、手にしたのは久々の46cmでしたwink

そして、事故は起こりましたhappy01

今度は右サイドをトレースすると、またも良い感触のお便りがsign01

ドラグがニャ~ニャ~出るので、45cmは固いと思っていましたが、

姿が見えた途端、目を疑いましたeye

ナントsign03スッポンの足に引っ掛かっているじゃないですかwobbly

幸いにもタモを持っていたので、スピーディーにリリースすることができましたgood

たまに足元を歩いているのを見たことがあるのですが、まさかの交通事故とはsweat02

気を取り直して、駐車場に向けて移動を開始しましたrun

キャストした距離分を移動していくワケですが、

2ケ所目で粘っていると、今度はちゃんと本命のお便りmailtoがありましたscissors

Imgp4205

ゲロ君のような気配がある45cmでしたnotes 本日、マルチヒットです。

もし、ゲロ君だったら春を迎えられて良かったネwink

そして、事件は突然でしたcoldsweats02

2匹目の45cmを獲った分の距離を移動した先で、キャストを再開すると、

フケを獲った瞬間に根掛かった感触がありましたgawk

元々、根掛かり多発地帯だったので、『運がネェな~』とつぶやき、

根掛かりを外す動作をしていると、ラインが沖に走っていることに気づきましたeye

慌ててアワセをくれてやりましたscissors

Imgp4206

引きも引きましたsweat01 そりゃ、ゴンジャレスですもんcoldsweats01

仕事の都合上、春はなく、今年は諦めかけていただけにとてもうれしかったですheart02

今日は45UP×3本の猛打賞です。

このあと、別の池でジョイクでお遊戯会をして終了しましたend

NOIKE/ノイケ ケムケムシャッド 【FECO】

NOIKE/ノイケ ケムケムシャッド 【FECO】
価格:544円(税込、送料別)

2013年6月16日 (日)

祭り Vol.201306

本日は、管釣り部長が参戦可能なので、何を釣ろうか迷っていましたcloud

というのも、2人の共通の思いとして『キビレ』というのがあり、

天気予報が土曜の夜から雨となっていたからですrain

このところ、雨と言ってもだいたい期待外れになることが多いので・・・coldsweats01

土曜日は21:00頃寝たのですが、寝る間際のレーダー画像では、

スカスカの雨雲で降る気配が感じられず、管釣り部長には『池sign03』と伝えて寝ましたsleepy

しかし、一瞬目が覚めたときに車が雨水をかき分けて走る音が耳に入りましたear

もう、そこからは気になって眠れませんでしたsweat01

レーダーにはイイ反応があり、実際に結構な雨が降りだしました。

川は1:30~3:00の1.5時間で80cmくらい増水していました。

でも、まだ降る感じがあり、この状態で危険であることと、干潮が4:53だったので、

当初の予定通り、池に行くことにしました。

場所は、昨日見つけたまぁまぁヤビィ感じのする池ですbleah

到着してカッパを着ましたが、着終わった頃には意味をなしていませんでしたpig

それだけ、大雨ということですrainrain

堰堤を上がり、プチ戦略会議の後、フェンス手前から開始しました。

管釣り部長に何か反応がありましたが、GALっぽかったです。

護岸に移り、ヤナギ氏は左サイド、管釣り部長は右サイドに入りました。

左サイドから中央へ投げ、岸際をトレースすると反応がありましたscissors

昨日の状況を見ているので焦りましたが、30強でしたbearing

今回もコレに40強が追いかけていました。でも、数は減りました。

右サイドの中央から濁り水が入っているのがわかり、

雨でハチの危険はないので森に突入しましたgood

結構な量のインレットがあり、かなり濁っていました。

自作ラバージグ7g(ファインラバー)+バイズクローフラッピンチャンクで流れを切っていくと、

足元でラインが沖に走りましたscissors

Imgp3379

反転したときに45cmはあるというのはわかりましたが、

濡れた斜面を降りるのが怖かったので、強引にゴボウ抜きしましたsweat01

護岸に戻り、計測すると50ジャストsign03 ゴボウ抜きはやりすぎましたcoldsweats01 (10lbです・・・)

さて、管釣り部長も同じポイントに案内しましたrunrun

ラバージグ7g+キッカーバグ3.5で同じくインレットを切ると、

ほぼ同じポイントで反応がありましたsign03

Imgp3380

体高からは50cm行っているかと思いましたが、47cmでしたsweat02

管釣り部長の50UPはまたも持越しです。

自分の50cmと管釣り部長の47cmをランディングしたので、

両手の親指が『ブッチャーのオデコ』になってしまいましたhospital

雨が小降りになってきたところで、アレをやりに浜松へ向け出発しましたrvcar

ヤナギ氏宅に到着し、自転車に乗り換えて出発しましたbicyclebicycle

大雨の後に強いポイントに入りました。

ヤナギ氏の1投目scissors

Imgp3381

推定70cmのシーバスでした。

やっぱり1投目は気持ちイイですな~happy02

管釣り部長にも来ましたよsign03

Imgp3383

2匹目ですが、本日の最大シーバスの72cmでした。

体高だけだと80cmくらいあるかと思いましたcoldsweats01

このポイントだけで、2ケタ近く釣った気がします。

そして、ココからは駆け足で紹介しますscissors

Imgp3382_3

Imgp3384_2

Imgp3385

Imgp3386

Imgp3389

軽くお祭りでしたnotes (まぁまぁ自信がありましたけどね)

当初の思いのキビレもきちんと釣りましたよscissors

Imgp3387

Imgp3390

Imgp3391

でも、まだ数は少ないように思います。

たぶん、夏だったらもっと釣れていた状況だと思いますthink

小僧とタナゴ釣りの約束をしていたので、10:00になったところで終了しましたend

本日は色々な釣り方で、色々な魚が釣れて良かったですgood

2013年5月12日 (日)

まさに巨

昨日、管釣り部長が再三シーバスのチャンスを得ながら、ノーシーバスに終わったため、

本日は管釣り部長のリベンジをしてきましたcoldsweats01

(昨日は、野球で言うと10残塁くらいの感じ・・・)

夜が明けてきた4:30に出発しましたbicyclebicycle

まずは本日設定した最上流のポイントからです。

付き場を教えて管釣り部長にやってもらいました。

横から見ていると、ピックアップ寸前に60cmくらいの魚体が反転したのが見えましたsign01

ルアーを変えたりしましたが、1投目以降は沈黙でしたsleepy

管釣り部長がロスト交換中に少し下流の岸際を通してみました。

すると、2回連続で反応がありましたbearing

この時はシゲの人だと思っていましたが、後に起こる事件よりたぶんキビレだと思いますthink

次のポイントへ移動bicyclebicycle

到着するとすぐにボイルを確認しましたeye

『コレは釣れるんだろうな』と思っていましたが、来る気配がありませんdown

シビレを切らし、ヤナギ氏の手が出てしまいましたscissors

Imgp3341

横取り四拾萬の67cmでしたsign03 (申し訳ない・・・)

思いの外、大きかったです。ボイルは50cmクラスに見えていました。

近くのポイントは不発でしたpig

そして、移動bicyclebicycle

昨年の『キビレ祭』で、最大のキビレが出たポイントです。

実はシーバスも結構釣れる場所です。

ココも先に管釣り部長にやってもらいました。

色んな角度からミノーを通してみても反応ありませんでしたdespair

ただ、昨年のこの時期に巨大キビレ(45cm)を釣った記憶が蘇り、

キビレの好ポイントということもありキビレルアーも試してみることにしましたflair

「岸際は根が掛かるんだよな~」とつぶやきながら、その場所へルアーが到達すると、

何やら竿先が重たくなりましたeye

「ヤ~、引っ掛かっ・・・イヤ、魚だ魚sign03

根掛かりが突然動き出しましたscissors

Imgp3342

なんと、ゴンジャレス(50cm)の超巨大キビレでしたsign03

浮いてきた姿は異様なまでの大きさcoldsweats02 最初はシーバスだと思いましたsweat01

(このサイズはナカナカお目に掛かれないので、このブログに来た人はラッキーですwink)

やっぱり、この時期に巨大キビレは釣りやすいのですなthink

ついに管釣り部長から「ヤナギ氏は竿を持たないでください」と言われてしまいましたcoldsweats01

また、移動bicyclebicycle

テッパンポイントですが、近年は春はあまり良くなく今回もやっぱりダメでした。

すぐに移動bicyclebicycle

昨年、管釣り部長がキビレを釣ったポイントです。

ヤナギ氏は遠くで見守っていましたhappy01

すると、『あ~』とか『う~』とか言うので、

「アレでこーやってみろsign03」と指示するとすぐに竿が曲がりましたsign01

Imgp3344

遠くから見ていると70cmくらいあるように見えましたが、計測すると62cmでした。

ちょっと、コレで肩の荷が下りましたbleah

では、ヤナギ氏も・・・scissors

Imgp3346

少しサイズアップの65cmでしたnotes (ガブ食いでルアーが痞えています)

このポイントは1匹じゃないだろうなと思っていました。

その証拠にまだボイルしていましたしsweat02

管釣り部長にも初シーバスが出たところで気分よく帰宅しましたend

2013年3月20日 (水)

ビッグママ

本日は好きに時間を使っていいことになったので、

『朝から、どっかにバスを釣りに行けばイイかなぁ~』と思っていましたdelicious

ところが、18:00過ぎに一通のメールがmailto

今日の夜、どっか出撃します?

と、管釣り部長からでしたpencil

・・・夜は、計画していなかったけど、一つ冬の釣りでやり残したことがある。

まずは、それを調査しに行くことにしました。

清水港某所へ向かいますrvcardash

本題の前にアジをチェックしに行きました。

ナント、今日はライズがありますsign03

2人で狙っていると、管釣り部長の竿が曲がりましたmoon3

Dsc_0185

正体はアジではなく、キャマスでしたpig

管釣り部長はもう一匹キャマスをゲットしていました。

少し場所を移動し、岸際を狙っているとフォール中にアタリを感じましたeye

フケを取って聞いて見るとやっぱり付いてるscissors

Dsc_0188

銀色の魚だったのでカマスだと思っていましたが、結構イイ型のアジでしたnotes

もっと続いてくれればイイのですが、コレ単発でした。

さて、本題ですpaper

やりたかったことは下向きではなく、上向きを使いますbleah

結局釣れなかったので、何を狙ったかはシミツですsweat01

途中でバックラッシュを直していると、下に落ちたラインがカキ殻に引っ掛かり、

相当量をダメにしてしまいましたwobbly

すぐに下向きに変えて同じ物を狙って見ました。

本命は来なかったですが、カサゴのマンションを見つけましたscissors

Dsc_0191

釣れたのは20㎝弱でしたが、何度も切られましたcrying

デカいのか、根に掛かったまま合わせているのかは原因不明です。

この後、管釣り部長に事件が起きましたが、本人が一番凹んでいるのでナイショですcoldsweats01

4:30になり、西へ向けて出発しましたrvcardash

もう一つのメインターゲットであるバス釣りです。

場所は久々に前の会社の先輩M氏御用達の池にしましたgood

管釣り部長は、事件のため準備をしていたため、まずは必勝ポイントに、

スモラバ1.8g+ハンハントレーラーを投入しました。

しばらく、シェイクすると「クン、グ~~」と絞り込まれましたscissors

Imgp3279

来てしまいましたよ~、ゴンジャレス(ビッグママ)がsweat01

確信はありましたwink 朝イチ、誰もやっていなければ40UPが取れるってねheart01

次の定番スポットで粘っていると再び反応がありましたscissors

Imgp3283

まぁまぁ引きましたgood 44㎝です。もう、上出来ですsign03

最初の池は10:00で終了し、実家に用事があったので、実家近くの野池に移動しましたrvcar

色々あって、この池はかなり久しぶりです。

魚が居るのかどうかも不明だったので不安でしたが、終了間近に反応がありましたscissors

しかし、取り込みのためしゃがんだらバレましたshock

サイズは30cm中盤といったところでしたdown

管釣り部長にも反応があったようですが、すぐに枝に化けたそうですsad

徹夜のため、11:00で終了しましたend

本日は、この冬の課題だったアジもゲットしたし、

春のビッグママもゲット出来たので、大満足ですheart04

本日を以って、『ウィンターチャレンジ』は(たぶん)終了しますsign03

2012年7月22日 (日)

ミッションコンプリート

今週もブラックバス50UPを目指し、県境を目指して出発しましたrvcardash

先週、言い忘れましたが、寝坊して管釣り部長のピンポンに起こされましたsweat02

実は今朝も、「あんた、5時だけどイイの?」と言う、声で目を覚ましましたclock

ハィ、完全に遅刻ですsign03

予定では3時に起きて、ガソリンなどを入れてから行こうと思っていたのですが、

起きて10分もしない内に国一に突入しましたsweat01 (信号が奇跡的に全部青だったscissors)

1つ目は、会社の先輩M氏の池を回避し、少し山手の池へ。

結構、激戦の池ですが、寝坊したにも関わらず誰も居ませんでしたcoldsweats01

取水用水門を撃っていると、左手から巨体がコチラに向かってやってきましたeye

55cmはあろうかという、ランディ君ですlovely

とってもお利口さんでスモラバやカットテールは嫌って、少し離れてはまた戻ってきますrecycle

どうやら、釣り人が逃がした子バスにしか興味がないようですdespair

「それじゃ~、釣ってあげますよ」とは言ったもののナカナカ釣れませんbearing

左に移動すればヤツも左へ、右に移動すればヤツも右へsweat02

「ごめんね~」とか、「すみません、すみません」と平謝りしながら、

左の角を撃っていると、ようやくアタリが来ましたscissors

Imgp2942

47cmと、ランディ君のご飯にはならない(どっちかと言うとライバル)感じでしたcoldsweats01

コレをリリースして、30分後にようやく30cm切るくらいの子バスが掛りましたsmile

手前まで寄せてくると、ランディ君はものすごい勢いで子バスを追っかけまわし、

子バスが岸に向かった瞬間、子バスを咥えましたcoldsweats02

頭が出ているのは確認できたので、ベールを返してフリーにして、

かなり沖まで泳がせましたfishdashdashdashdash

2、30m泳がせたところで、巻き取りを開始しましたが、すっぽ抜けてしまいましたdown

何度も襲われた子バスはズタズタのままリリースしましたが、

おそらくランディ君のエサになったと思われますsweat02

いくつか新しい池の捜索へ。

1つは、茶濁りでサカナっ気なし。

1つは、工場の敷地内で侵入不可。

1つは、浮草が護岸面を覆い、釣りにならず。

最後の池以外は特に収穫はありませんでしたpig

2つ目は、先週、管釣り部長が爆発した池へ。

先行者はいませんでしたが、サカナの反応もあまりありませんでしたthink

薄濁りが入り、水が悪い感じでしたdown

1匹30cm後半の見えバスを発見しましたが、一目散に逃げていきましたsweat01

3つ目は、会社の先輩M氏御用達の池へ。

ホントは、近くの池にする予定でしたが、コンビニ飯を食べた後その池を見たところ、

隙間なくヘラブナのオサ~ンが居たので、M氏の池へ変更しましたwobbly

先週、先々週と43cmが釣れた場所へrun

少し沖目のラインで、小さくないアタリがありましたが、フッキングに失敗しましたbearing

一番長い直線の護岸面を輪切って行くと、チビが来ましたdown

「このサイズが来ると釣りが違うかな~」と思いながら、駐車場前のポイントへ。

先々週40cmを釣ったラインを通すと、事件がcoldsweats02

ラインがものスゴイ勢いで沖に走りだしましたscissors

Imgp2945

スーパーセンサー+フロロ3lbで何とか寄せましたheart02

やってしまいましたよbleah ついにゴンジャレスを手にするときがshine

コレで心置きなく、三十路を迎えられますbirthday

気分がイイのでコレを最後に終了しましたend