フォト
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

潮見表

無料ブログはココログ

2016年9月 3日 (土)

アマパラ2016 秋

いよいよ今年もこの時期がやってきましたsign01

そう、アマパラのシーズンです。

東京出張中にいつものメンバーで会議をしてこの日に決めました。

前日で待機してみんな気合いが入っています。

6時に入渓点へ向けて出発run

スタート地点に到着したのですが、予想外の出来事がcoldsweats02

水がやたら少ない・・・sweat01

台風が近隣を通過したはずなのに全くその気配はありませんでした。

(浜松は全く降らなかったので、もしかすると同じ現象が起こっていたのかもな~)

それでも、ナントか1匹目が来ましたscissors

Rimg1748

7寸クラスのイワナでした。

1つ目の滝では一発目に横っ走りのイイアタリだったはずなのにスカルノ。

結局、コレだけでしたscissors

Rimg1749

最も期待が大きい3つ目の滝は一発目に9寸~尺の(たぶん)アマゴが来たのですが、

残念ながらフックオフsad

滝を巻いてしばらくはこんな感じでしたscissors

Rimg1750

Rimg1751

反応があまりよくありませんな・・・despair

高巻き場を越えてすぐのポイントではヤナギ氏の最大魚が来ましたscissors

Rimg1752

ナカナカのイケメンでしょwink

ダ・メジャーでは測りませんでしたけど、8寸くらいだと思います。

ちょっと期待は出ましたが、その後はこんな感じでしたscissors

Rimg1753

Rimg1754

Rimg1755

秋の割には全体的に痩せています。 (数はもっと釣っています。)

最後に大型連発ゾーンがあって、ヤナギ氏にも2発来たのですが、

いずれもハリ掛かりせずdown

一緒に入ったメンバーは尺2本だったので、もう今回はそういうことにしますshock

春も渇水で『秋こそは』と意気込んでの釣行だったワリにビミョ~な感じで終わりましたweep

でも、山に入って釣りができたこと自体が楽しかったのでまた来年もやりたいですgood

2016年5月21日 (土)

アマパラ(2016春) ドリームコース

例年、秋に開催しているアマパラですが、昨年は2回ともバッティングと、

ちょっと気になるところがあり、今年は春も開催することになりました。

幸いにも前日は歯医者で早退したので、22時には現着できましたdelicious

もちろん先客はなく、まずは一安心です。

準備をして5時に出発しましたrunrun

普段、釣りを終了しているところまで上がってのスタートですon

なので、今回のサブタイトルは『ドリームコース』です。

2016年の初物はコレscissors

Rimg1532

7寸くらいです。

立て続けに8寸くらいのが2匹来ましたscissors

Rimg1533

Rimg1534

ここでパタパタっと釣れると期待は大ですsmile

・・・

・・・

・・・

しかし、アタリがパタリと止まりました。

マジでpig

7寸弱くらいのをポロポロ釣っていると、ちょっとマシなサイズが来ましたscissors

Rimg1535

だいぶ上流だったのですが、家族分が足りないのでビクにINしました。

最後はやっとまともなサイズでしたscissors

Rimg1536

これで9寸です。

体にイトを巻き付けた跡がありました。

この他にも人の指の形に色素が抜けたサカナが釣れたりと、

だいぶGWの疲れが溜まっているようですsweat02

その後は普段できない最上流まで行きましたが、アタリはジェロでしたdown

確信をもって行ったわりには、夢は儚く散りましたheart03

帰路や温泉で反省会をしました。

人が多くなったというレベルではないことは確かです。

いちお、3年前?の豪雪(甲府で100cm)が原因ではないかというところで決着しました。

他のメンバーは居残りで宴会だったようですが、ヤナギ氏は翌日10時に来客があるので、

みんなと別れてとりあえず家の方向へ進みました。

山梨まで来てタダで帰るのも勿体ないので、少しだけず~しみに寄ることにしました。

最初のポイントで先行者に聞くと『アジが釣れているらしい』とのことで、

少し隣に入らせてもらうと、確かにショートバイトが何度かありましたsign04

でも、スレているのか数投で途絶えたため、一番自信のあるポイントへ向かいました。

目的はヤジのつもりでしたが、来たのはコレでしたscissors

Rimg1537

おっsign01メバルでしたかhappy02

アジにしては引くのでカマスかと思いましたcoldsweats01

出会い頭の一発かと思ったら、同じサイズがもう1匹釣れましたsweat01

ガッシー先生やビッチも狙ってみましたが、

もう季節が変わってしまったようでお留守でしたempty

膝が笑いだしたところで終了し、ホントに家に向かいましたhouse

去年は開幕のアマパラ第二の翌日、起きると『産まれたての仔鹿bearing』のようでしたが、

今回はフツーの筋肉痛レベルで済みましたgood

フ~、良かった良かったconfident

2015年9月 5日 (土)

アマパラ2015

今年もこの季節がやってきましたsign01

今回は第一回メンバーの3人でスタートしました。

スタート地点でまずはイワナがあいさつに来てくれましたscissors

Rimg0681

少し反応がない時間が続きましたが、続いてもイワナでしたscissors

滝手前では今年もアレが来ましたscissors

Rimg0684

Rimg0685

尺イワナ(31cm)で~すnotes

コレがあるからやめられないのです。

少し上流でも来ましたscissors

Rimg0687

ちょっとサイズダウンです。

前回見事にやらかした滝壺ではコレが来ましたscissors

Rimg0688

この滝では珍しいアマゴでした。

滝を巻いてからは7寸クラスがよく釣れました。

Rimg0689

Rimg0690

Rimg0691

Rimg0692

Rimg0693

Rimg0694

山道の合流手前では精悍な顔つきの8寸アマゴが来ましたscissors

Rimg0695

普段、合流点から上は『確信部』なのですが、何か反応が鈍いsign02

Rimg0696

Rimg0697

それもそのはず。岩に2本足の動物の足跡を発見eye

まさかの頭打ちでした。

話し合いもない状態で頭打ちするはルール違反ですからねannoy(自分がされたらどうなんだ?)

良い年こいていい加減にしてほしいよ、まったく~pout

尺イワナやキレイなアマゴが釣れたので、釣果的には問題ないですが、

後味の悪い結末になってしまいましたgawk

次回は最後まで楽しくできるとイイなと思います。

sign01そういえば、先週は2回も避難準備水位を超えるほど雨が降り、

週間予報では翌週も雨続きとなっているのにこの企画の日は晴れでしたsun

やっぱり不思議です。 (でも、『ありがとう』ですwink)

2015年4月18日 (土)

ず~しみからのアマパラ第二

毎年、年券を買っておきながら、晴天続きや面倒くさがりが出て、

結局1、2回しか行けないという状態が、続いているため、

今週は思い切って渓流へ出かけることにしましたpaper

と、その前にsign01

せっかく、東の方へ行くので、清水港某所へ寄ることにしました。

釣り場に着くと若い子が、ちょうどキャマスを釣り上げたところでした。

まずはキャマスを狙ってみたのですが、アタリはあるもののバレたり、

フォール中に『コン』と感触があったかと思えば、巻き始めるとラインブレイクしていたりと、

ナカナカ手中に収めることができませんでしたsad

やっと25cm強くらいのが来ましたscissors

Rimg0309

ジークラックのムーンカーリーでも来ましたscissors

Rimg0310

リーフシュリンプ 2.8でもアタリはあるのですが、尻尾を奪われるだけでしたdown

岸沿いをトレースするととんでもないヤ~ツが来ましたscissors

Rimg0313

このお写真では伝わりにくいのですが、指2本半のゴン太40UPです。

久々にこんなデカいの釣りましたsweat01

あまりの重さにタモを投入しようかと悩んだくらいです。

ビッチを狙ってみましたが、来たのはこの人でしたscissors

Rimg0314

定番のガッシー先生です。サイズは20cm前後といったところです。

1時半を回ったところでず~しみは終了し、山梨へ向かいました。

当初は、アマパラの未開拓ゾーンを予定していましたが、

諸事情により変更をせざるを得ませんでした。

今回はヨウさんが一緒だったため、すぐにアマパラ第二に決めましたgood

前回はかなり上がってから釣りを開始しましたが、今回はかなり手前からスタートしましたon

釣行前に降った雨の影響か水量はやや多く(前回比)、小さなアタリは多かったです。

そうこうしていると、最初のサカナが来ましたscissors

Rimg0315

小さなアタリの正体はコレでした。

その後はたまに7、8寸クラスが混じりましたscissors

(まとめてお写真を貼ります。)

Rimg0316

Rimg0318

Rimg0319

Rimg0320

Rimg0321

Rimg0322

Rimg0323

Rimg0324

Rimg0325

お写真を撮ったのは半分くらいで、撮らずに逃がしたのがもう少しあります。

このサカナを最後に終了しましましたscissors

Rimg0326

久々の渓流は楽しかったです。

今年はもう少し行ってみようかと思います。

2014年9月 6日 (土)

アマパラ2014 (ダブル尺!)

まだ仕事は『第二弾』中ですが、4000円を富士川漁協に寄付するのはもったいないので、

催促があった恒例の『アマパラ2014』を開催することになりましたpaper

金曜日は奇跡的に早く帰れたので、現地には2:30に到着できましたrvcar

5:00に起床し、メンバーが揃ったところで、入渓点に向かいました。

釣りを開始するとすぐに反応がありましたscissors

Imgp4309

サイズは8寸くらいです。

同行者の方はいきなり『尺イワナ』と大変、幸先がよかったですsmile

引き続き、アタリは多いですhappy02

Imgp4310

岩盤際で29cmの泣き弱イワナでしたcrying (メスなのでリリース)

引き続き、8寸、7寸クラスは釣れますscissors

Imgp4311

Imgp4312

そして、一つ目の大場所である三段の滝に到着しましたdelicious

左右に分かれて釣りを開始しました。

ヤナギ氏は左サイドだったのですが、落ち込みの際に入れるとイイ反応が来ましたscissors

Imgp4313

Imgp4314

久しぶりの尺イワナでしたbleah

二段目はいつも通りパスして、三段目へrun 通称『瀧男の滝』です。

右サイドの岩盤に入れた途端に目印が上流に引き込まれましたsign01

0.4号の細糸なので「慎重にやらないとな~」と思った瞬間に竿が軽くなりましたbearing

一段目に「次は35cmを目指しますsign03」と言っていたのが現実になりそうだったのに~pig

ハリもスーパートラウトでなく、一刀アマゴ王と少し小さ目だったのも、敗因の一つと思いますdown

最初と最後に左の岩盤際に入れたのですが、コチラは7寸クラスのイワナが来ました。

滝を巻くとアマゴ(ヤマメとの混血)に変わるのですが、しばらくはチビの猛攻でしたdown

Imgp4317

エサがいくらあっても足りませんgawk

山道の終点を超えると例年は『ゾーン』に突入するのですが、来ても7寸とちょっと物足りませんcoldsweats01

Imgp4318

Imgp4319

Imgp4320

Imgp4321

Imgp4322

原因としては春の大雪や、大雨による土砂崩れで川が荒れてしまったのだと思います。

尺アマゴは諦めかけたころ、倒木が絡む落ち込みでついに特大の感触がありましたscissors

Imgp4324_2

Imgp4326

倒木に潜られそうになりましたが、08のラインが何とか耐えてくれましたgood

メスでお腹にはたくさんの卵を抱えていたので速やかにリリースしました。

今年もたくさんの子どもを産んでほしいですwink

最後に終点横の落ち込みで8寸クラスが来ましたscissors

Imgp4327

雨の可能性があったので、お昼を食べて終了しましたend

2013年9月22日 (日)

アマパラ第一 2013

あっと言う間に9月となり、渓流シーズンも最終月を迎えましたmaple

「復帰sign01」と言っていましたが、記録的な少雨と多少の面倒くさがりが出てしまい、

結局、この日まで渓流には2回しか行けませんでしたcoldsweats01

そんな重い腰を上げ、恒例イベントの『アマパラ釣行』を行う運びとなりましたsmile

5時に起床し、準備を整えて5時半に出発しましたrun

前日までの天気では『不安定』とのことでしたが、幸い雲一つない快晴でしたsun

水量は前週に通過した台風18号の影響で例年にない水量でした。(水質はクリア)

1時間ほど歩き、滝の手前からスタートon

いきなり、反応がありましたが、ハリがデカいため掛かりませんでしたsweat01

今回は大物しか狙っていないので、サツキマスなどに使う

『がまかつ スーパートラウト 9号』にしましたbleah (普段は同シリーズの8号)

それでも、すぐに次の反応がありましたscissors

Imgp3602

ファーストフィッシュは22cmほどのイワナでした。

そして、最初の大場所の3段の滝へdelicious

初代『滝男』としては久々にやらかしたいところですrock

でも、いきなり根掛かりsweat02下段の落ち込みは不発でしたdown

中段はあまり反応がないため、今回もスキップ。

上段に期待しましたが、チビイワナが一匹釣れただけでしたsad

この川は滝を巻くとアマゴに変わります。

再入渓すると、合わせるタイミングがわかならいほどの小さなアタリが連発しました。

正体はこの人ですpig

Imgp3604

しかhし、10mほど上がると、ちょっとマシな感触がありましたscissors

Imgp3603

20cm強ほどのメスアマゴでした。

だいぶ食欲旺盛で、口からガガンボの足が出ていましたhappy02

昨年はこの区間は全くアタリがなかったので、このサイズが出て少し安心しました。

もう一回、同じくらいか、少しデッカイのが来たのですが、

タモをゴソゴソしていたらバレてしまいましたcrying

高巻き場に到着し、今年はちゃんと巻きましたcoldsweats01 (昨年は直登できたのに~)

再入渓したところからは少し期待していましたが、

落差の最もキツイところを登り切るまでは記憶に残るような魚は出ませんでしたdown

登りきったところにイイポイントがあり、そこでは出ましたよscissors

Imgp3606

これも22cmくらいのメスアマゴでした。

ココから『ゾーンに入る』かと思ったのですが、釣っても20cm前後という状態でしたgawk

Imgp3607

例年なら25、6、7cmのアマゴがバンバン出るんですけどね。

台風で崖崩れがあり、ポイントが埋まってしまったのが原因と推測しています。

崖崩れゾーンを抜けると少し型が良くなりましたscissors

Imgp3608

25cmくらいのオスアマゴでした。

そして、事件は突然に起こりましたsign03

中規模の深みの真ん中に流芯があり、

その右サイドの岩盤際に入れると「コン」と小さなアタリがありました。

最初はチビが引っ張り、おまけに岩盤に根掛かったのだと思っていましたshock

(完全に根掛かりを外すための動作をしていました。)

突如、大きな水柱が上がり、デッカイのが掛かっていることに気づきましたscissors

Imgp3610

アワセらしいアワセはくれませんでしたが、ナントカ無事にキャッチgood

2007年以来となる尺物ですheart04(2007年もアマパラだったな~)

今回は産卵前ということもあり、大きいメスは逃がすというポリシーでしたが、

アワセが遅れてエラに入ってしまったため、泣く泣くビクに入れましたbearing

(腹ワタを出したときは心が痛みましたheart03)

その後は順調に型物がでましたscissors

Imgp3613

これは25cmくらいのオスアマゴです。

終盤に本日2回目の事件が発生しましたsign03

2本の流れが合流するところに入れるとまたも「コツ」と小さなアタリが来ましたscissors

Imgp3614_2

Imgp3615

本日2本目の秋らしい尺アマゴ(オス)です。 タモに入れた瞬間に確信しましたsmile

その後、少し上流の様子を見て終了となりましたend

6年ぶりに尺物を手にしたかと思えば、1日に2本の快挙達成とイイ釣りができましたhappy01

また来年も渓流釣りをしたいと思える気分になりました。

2013年5月18日 (土)

アマパラ 第二

某グループの方に誘われ、富士川漁協に行ってきましたrvcar

過去に1回だけお風呂に入りに行ったきりで釣りをしたことはない川です。

前情報ではおととしの台風の影響が無ければイイ型のアマゴが期待できるとのことでしたsmile

5:30頃に入渓点に到着し、準備を整えて川を上り始めました。

すぐ砂利止めの堰堤があったのですが、10年前は堰堤はなく入渓点から釣れたらしいです。

今回は堰堤を抜けるまで歩きましたrun

渓相が良くなったところから釣りを開始しましたが、全くの反応なしsleepy

『ホントに今日はダメかもしれない・・・』と心底思うくらいでしたbearing

でも、少し行くと瀬尻から魚が走り、やや大きい落ち込みでようやくアタリがありましたscissors

Imgp3347

小さいですけど、本命のアマゴ(7寸)でした。

ココからしばらく反応がよい区間が続きましたscissors

Imgp3348

Imgp3349

Imgp3350

7寸クラスが来るのですが、ハリ掛かりが悪くてすぐバレてしまいましたcoldsweats01

滝が出現し、滝下を狙いましたが、アプローチが悪かったのかスカルノしました。

あのポイント感で出なかったのは残念ですdown

滝を巻いてから右の沢に入りました。

進入してすぐのポイントを下流側からアプローチすると、

ビッグな魚体が目印の下でウロウロするのが見えましたeye

何か食いきらないので、ブドウ虫にしてみましたが、目の前を通すと避けられましたcoldsweats01

でも、ミミズに戻して、一発目でしたscissors

Imgp3351

8寸くらいだと思っていましたが、計測すると28cm(約9寸)ありましたbleah

目標の尺には一歩届きませんでしたthink

ココから、『ゾーン』に突入ですheart04

7寸~8寸クラスのアマゴがたくさん釣れましたscissors

Imgp3352

Imgp3353

Imgp3354

Imgp3355

最初はどうなることかと心配になりましたが、新たな『アマパラ』を発見することができましたhappy01

昼ちょうどに車に戻ってきたので、他のポイントも見てみることにしました。

しかしsign01コチラは渓相は朝のポイントよりは良かったのですが、魚っ気はありませんでしたsleepy

いわゆる、台風で居なくなっちゃった系の感じです。

ヤナギ氏は風邪と寝不足で頭が痛だったので、車で休んでいましたが、

同行の2人はもう一本沢に入ったようですが、コッチもダメだったようですpig

帰りに下部の『めん丸』で、今回の祝勝会(ヤナギ氏はウーロン茶)をやりながら、

ラーメンを食べ終了しましたend

2013年3月31日 (日)

復帰宣言

渓流に本格復帰できる状況になったので、今年から熱を入れていきたいと思いますrock

復帰の場所に選んだのは、成人してから独りで渓流釣りを始めた場所で、

右も左もわからない状態で数投目に36cmのウルトラビッグイワナを釣った場所です。

『どんなに釣れなくても』『どんなに厳しくても』顔を出したい思い出の場所ですbud

ココには何かがある気がするのです。

予想より早く到着し、少しだけ仮眠したら寝すぎましたdespair

焦っておにぎりを食べ、準備をして入渓しました。

昨年のアマパラの変貌ぶりから多少は覚悟していましたが、

コチラもかなり渓が荒れてしまっていましたdown

深みはほとんど埋まっていました。

そんな状況で、最初の3時間は全く反応はありませんでしたwobbly

(稚魚や足音で逃げるヤツすら)

鬼の人に何て高速代の言い訳をしようか悩んだくらいですsweat02

ホントに負けそうになりました。

入渓直後に木に引っ掛かった仕掛けを外そうとしたら、竿が折れるし・・・crying

毎年反応のある場所で、今回もようやく反応がありましたscissors

Imgp3300

この日一番となる22cmくらいのヤマメでしたhappy01

ちなみにこの川はアマゴの川なハズですsweat01

オモリを1号から2号に変えたのが良かったみたいです。

渇水で1号は岩に引っ掛かってしまうが、2号はちゃんと流れてくれました。

そういう"勘"がちょっと鈍っている感じがしましたthink

すぐ上のポイントでもアタリがありましたが、針掛かりさせることは出来ませんでしたsweat01

1つ目の退渓点手前でもう一度反応がありましたscissors

Imgp3302

20cm弱くらいのヤマメでした。

退渓点は一度上がって先行者が居ないか確認しました。

車はなかったので、さらに上流を目指しましたgood

再開してすぐにまた反応がありましたscissors

Imgp3303

今度は20cm強のヤマメでした。

また、しばらく無反応の時間が続きますsleepy

最後のチャラ瀬で再び反応がありましたが、これまでの引きとは少し違いましたscissors

Imgp3304

そうイワナの引きでした。

イワナは最後の最後にも来ましたscissors

Imgp3305

20cmくらいですかね。ちょっと黄味掛かっていますeye

予定区間を終了したので、退渓しましたend

最初はどうなることか心配になりましたが、まぁまぁ釣れて良かったです。

でも、少し魚が少ないのが気掛かりですthink

特にアマゴが1匹も釣れなかったですからね。

もう一度秋に入って確かめてみようかなpaper

2012年9月22日 (土)

パラダイス釣行 2012

今年は全く渓流に行けず、『渓流ジェロ』でシーズンを終えると思っていましたが、

仲間から「アマパラどうする?」という連絡があり、ようやく重い腰を上げる決意をしました。

川はもちろん、通称"アマパラ"(アマゴパラダイス)ですsign01

入渓してしばらくはチビイワナとチビアマゴだけで、秋の渓流とは思えない状況でしたsleepy

Imgp3054

Imgp3055

と、いうよりも川がだいぶ荒れてしまい、ポイントがほとんど潰れていました。

2011年台風15号と、2012年台風4号がかなりの影響を及ぼしたみたいですtyphoon

結構、ヤバイな~と思いましたが、終盤は『清き、秋の渓流』になりましたbleah

仲間の1人が8寸(24cm)くらいのアマゴを掛けたところから大爆釣劇が始まりましたsign03

ボクもその流れに乗り、7寸(21cm)のアマゴを皮切りにイイ釣りができましたscissors

Imgp3056

Imgp3057

Imgp3058

そして、こんなのも出ましたscissors

Imgp3059

9寸(実測28cm)の♂アマゴsmile 厳つい顔しとりますlovely コレはキープしました。

まだあります。次はコレscissors

Imgp3061

今度は9寸(実測28cm)の♀アマゴ。

お腹にはたくさんの卵を持っているので、リリースしました。

この卵が来シーズンの回復を支えてくれることを祈りますwink

次のポイントでは・・・scissors

Imgp3063

8寸の♀アマゴでしたが、暴れる音に反応して、

後ろから付いて来たヤツは尺を超えていましたcoldsweats02 残念down

いくつか、デカイのをバラし最後に釣れたのはコレですscissors

Imgp3064

ちょっと小さいですが、2012年最後のアマゴです。

最初はどうなることかと心配しましたが、まぁまぁよく釣りました。

来年はまた渓流に行けそうな雰囲気になったので、来年は尺を釣れるよう頑張りますrock

2011年5月23日 (月)

パラダイス釣行 2011

土、日に富士川水系で行ったイベント報告です。
初日は通称"パラダイス"と呼ばれているところです。
ファーストフィッシュはイワナでした!
そして、初日の最大となるヤマメ(27.5cm)。
産卵からの回復中のようで、ガリガリ+シッポが丸かったです。
釣り終了後、"本部"で宴会を行いました。
宴会後半の記憶はありません。
2日目は6:30起床で、富士川の3次支流へ行ってみることになりました。
釣りスタートからチビアマゴの猛攻撃でした。
魚影は濃いですが、サイズがでませんでした。
最後の最後に出た22cmが最大となりました。