フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮見表

無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月27日 (日)

家族旅行にて(2016春)

今年も家族旅行へ行ってきましたpaper

鬼の人の家族と旅行ですが、河口湖に続き、ある程度ヤナギ氏に選択権があるため、

今回は以前から気になっていた蒲郡方面にしました。

(『遠くはヤだ』という条件があるため)

日中は家族サービスに徹し、チェックイン~夕飯前までは自分の時間をもらいましたgood

事前に情報を頂いていたところへ行ってみましたが、

夜光虫か何かのプランクトンで粉っぽく、気配がないため1時間で撤収しました。

もちろんノーバイツsad

ホテル前に戻り、昨秋に遠征計画だけしたときに気になったところへ行ってみました。

先行の同業者に聞くとミークロワームなら当歳魚がたくさん釣れるとのこと。

その系統のワームを持っていないワケではないが、ワザワザ来たのに、

結果を残さず帰るにはもったいないので自分の釣りを押し通しました。

もちろんノーバイツsad

前年春の伊良湖旅行は渥美半島に通うキッカケとなるワルデカガッシーを取ったので、

だいぶ期待していたのですが、今年はどうも簡単ではないようですdown

夕飯&お風呂後の本題へ移行しました。

堤防の付け根から順に撃っていくと、折れ曲がる付近で反応がありました。

Rimg1465

Rimg1466

タケちゃんは20cm強、ムラソイは17、8cmといったサイズです。

午前1時まで延長してみましたが、あとはチンマイアタリのみでした。

一眠りして夜明け直前から隣の堤防を撃ってみましたが、ミークロタケちゃんのみで終了end

去年が良すぎたんですね。

きっと通いこめば見えてくることがあるのかもしれないが、

去年から暖めてきた春パターンはもろくも崩壊しているなかで、

多方面に手をだしているようではドツボにハマるだけなので、

やっぱり西のホームをキッチリやろうと思いますwink

色んな意味で良い勉強になりました。

また、この日のために色々と情報を頂いた方には感謝申し上げますconfident

2016年3月19日 (土)

3月キタ――(゚∀゚)――!!

渥美半島で苦汁をなめているとき、豪雨はやってきましたrain

最後のポイントに入る前に北西方向に低気圧に伴う強雨帯があることを確認していたのですが、

対岸が見えなくなり、沖に停泊している大型船が消えと、時間を追うごとに近づいてきましたcoldsweats02

雨が降ってきた時点で根魚釣りは終了し、朝ごはんにパンと、

おとといの炊き込みご飯の残りを食べながら次の作戦を練っていました。

雲の一部が静岡県に入った時点で出発rvcar

途中のバイパスではワイパーフル回転でも見えないくらいの雨でした。

嬉しい誤算はポイントまではその雲が達していなかったこと。

川は明け方までの雨による増水が落ち着き掛けたところでした。

ポイントは2月にチェイスがあったポイントです。

そのコースを重点的に通していると、ピックアップ寸前に引っ手繰っていきましたscissors

Rimg1419

釣れた瞬間はタイトルみたいな感じで喜びましたcoldsweats01

サイズは55cm前後でした。

においは海のにおいだったので、この雨で入ってきたものと思います。

これまでの最速は4/18(2009年)だったので、約1ヶ月ほど更新しました。

その後、渥美半島で食らった豪雨が通過し、本流はゲロ濁りと大量のゴミになりました。

先ほどのポイントは無事のため、今度はデイス160で通すとキレイなバイトが出ましたscissors

Rimg1420

・・・あの出方はシーバスであって欲しかったcrying

いちお、68cmと、ヒゲちゃんにしてはまずまずのサイズです。

水位がマシになってきたところで、帰宅し自転車に乗って調査に向かいましたbicycle

しかし、まだそんなに数は居ないようで、ジェロで終わりましたpig

再現性はなったので、マグレ、奇跡の1匹と思われようが、もういいです。

2月に可能性を感じ今日までチャンスを伺って、狙い通りに来たのでもう満足です。

本格的にはあと数週間(雨が定期的にあること前提)掛かると思いますので、

来月からはまたバシバシ釣っていこうと思いますsmile

迷走中

今週は3連休ですgood

2月後半、復調の気配が一転、3月は逆戻りとなった西に行ってきました。

人的プレッシャーを排除して、自身の心技体で判断できるよう、雨絡みの金→土にしました。

出発時は程よく雨が降っていて、22時過ぎに到着したときにはやはり先行者はジェロでしたsmile

とりあえず、アレ絡みのエリアを通すと乗せきれないほど小さなアタリが連発しましたbearing

ようやく取れた正体はコレのサイズのタケちゃんでしたscissors

Rimg1412

反応の具合からすると縦に連なってアレを待っている感じなので間違ってはいないハズ。

実績コースを全て撃ちましたが、20cmを超えるサイズは出ませんでしたsweat02

0時頃から南風が強まり(7m/s前後)、それとともにアタリがなくなったので移動しましたrvcar

昨年のSWに唯一下向きで27cmを獲った場所です。

意外と夜間に来たことがなかったためです。

到着して現場に向かうところで先行者の方が戻ってきたので話を聞くと、

メバルは小さいが、タケちゃんは尺欠けるサイズが出たとのこと。

開始数投で確かにアタリが来たので、ウソではなさそうでした。

しばらくやっていると駐車場から最も遠いエリアで20cm切るタケちゃんが来ましたscissors

Rimg1413

その後、SWのエリアに街灯が照っているところがあったので、

メバルの練習をしてみましたが、ミークロのタケちゃん、ムラソイ、クロソイのみで、

本命は姿を見せませんでしたdown

とにかく1089で、手で包めるサイズはたくさん釣りました。

でも、まぁまぁかサイズは来ないので、合ってないのだと思います。

先ほどちょっといいサイズを釣った場所で粘っていると、や~っとマシなサイズが来ましたscissors

Rimg1417

これで23cmです。

小僧を夕方まで預かってもらうため、お土産としてキープしましたが、

あとが続かないため、お帰り頂きました。

やっぱり、ハメきれない感じがあります。

薄暗くなってきたところで、1時間仮眠して2ヶ所ほど様子を見ましたが、変化なしでした。

2ヶ所目をやっている最中に豪雨となったため終了しましたend

とにかく、今、西は迷走中ですdespair

バチ意識をメインに組み立ててみましたが、ミークロサイズばかりで、

バチを食いに来た小魚を食っていると想定したシャッドテール系も反応なし。

カニ系は論外っぽいです。

釣る人は釣るが、万人に釣れるほどのレベルには達していないようです。

去年みたいに釣れる時期は来るのだろうか心配ですshock

今日はメモリアルなことがあったので一旦ここで切って、続きを書きますpencil

2016年3月16日 (水)

やっぱり居た!

翌日は小僧の卒園式で有休を取ったため、久々に近場の港へ行ってみました。

昨年の同時期にレギュラーサイズのガッシーが釣れていたのですが、

昨春以降パッタリ顔を見ていないので、ずっと気になっていましたeye

今回一番やりたかった堤防先端には先行者が居たため、半分で折り返しましたが、

1度だけチンマイアタリが来ただけでしたsweat02

やっぱりガッシー先生はお留守です。

少し移動してセイコちゃんなどを狙ってみると、数投して反応がありましたscissors

Rimg1248

上がってきたシルエットはズングリしていたのでメバルかと思いましたが、

ナントsign01タケちゃんではないですかsign02

静岡県で初めて釣りました。

地元のJさんからは釣れると聞いていたのですが、

だいたい、ガッシーか、無かという状況だったので、居ないものと思っていました。

となると、やっぱり駿河湾方面のウワサも本当なのかもしれないですなsmile

でも、欲を言えばお父さん、お母さんも定位していてほしいな~。

しばらく粘ってみましたが、やはりマグレの1匹だったようで、

0時を回って終了しましたend

2016年3月13日 (日)

いちお、釣れるらしい

西は、12日昼過ぎから23時頃まで豊橋の某エサ屋がメバルの大会をやっているため、

実質、渥美半島を貸し切っている状態なので、一般人は『飛んで火にいる夏の虫』ですdown

(※大会要綱では『時間内に戻って来れる場所』とありますが、

御前崎や知多半島まで行く人は居ないでしょうからね)

ハイプレッシャーエリアに自ら飛び込む程の"M"ではありませんcoldsweats01

というわけで、先週後悔した東へ行ってみることにしましたgood

他の家族は祭りの練習で留守のため、風呂に入ってすぐ出掛けました。

早出して時間はあるので、まずは焼津に寄り、サカナが戻ってきたか調査してみましたpencil

結果は、まだ戻ってませんでした。

辛うじてコレだけscissors

Rimg1233

20cmあるなしというサイズですが、痩せています。

ちょっと風が吹いたら飛んでいきそうなくらいです。

メバルの練習もしてみましたが、アタリなくすぐ飽きたので終了しました。

なお、太刀が入ってるせいかファミリーゾーンは大盛況でした。

先週から気になっていたず~しみへrvcar

ヤナギ氏の角からスタートしましたが、カマスすら気配なしsleepy

街灯下に移動してライズを狙うもとっかえひっかえ叩かれているため振り向いてももらえず。

ひとまずシンデテラの角を撃ってみると1投目から反応がscissors

Rimg1236

28cmのナイスガッシーでしたsmile

竿に載った重みからデカいのは容易にわかりました。

その後も好反応は続きましたが、連続で合わせ切れwobbly

重みからするとカマスではないと思うのだがthink

再びヤナギ氏の角へ移動して、今度は上向きで狙ってみました。

また移動後1投目に反応がきましたscissors

Rimg1240

サイズは35cm弱でしたが、実はこのコチを釣りたくて来たので満足です。

ジークラック ジャイロスター3.5(ソルトカラー)+デコイ SV-34(7g)です。

シンデレラの角でブチッされたのは本当の本命であるビッチかもしれませんなsweat02

この後にも合わせ切れがあったのですが、30lbリーダーがバッサリやられたので、

コッチは太刀だったかもしれません。

久々にず~しみに来てみましたが、サカナは居ないわけではないようです。

でも、去年まで良かった場所にはおらず、本当に小場所だけになってしまいました。

これなら、コチのシーズンだけでいいかなcoldsweats01

また一つ勉強になりました。

<追伸>

某大会の検量時の写真を見ましたが、尺を超えているのはありませんでした。

もしや・・・sweat01 先週の悪しき状況をそのまま引きずっているのかsign02

確かにアノ状況からサカナを持ってくるには相当な経験と技術が居ると思う。

(※たぶん、今はボートないと無理だと思うしdespair)

閉幕の記事では『心配していた割には良く釣れた』とあるが、

100名近くエントリーで44匹って『少ない』と思うのは、ヤナギ氏だけでしょうかgawk

だって~、半分行ってないんだよ。釣れたと言えるのは7割前後からだと思うけどな。

いずれにしても、全結果の公開が楽しみです。(きっと釣る人は釣ってくるだろうから)

2016年3月 6日 (日)

ふりだしに戻る

先週は歯の通院後、麻酔が切れたら激痛thunder

さすがに2週間後の再診までこの状態では我慢できぬということで、翌日に診てもらいました。

急きょだったので、夕方になってしまったのですが、朝と昼ご飯は泣きながら食べましたweep

原因は3年前のケガで露出した神経から菌が入ったのが、時間を掛けて悪化したようです。

(これは当時から言われていたので仕方ないことthink)

残念ながら神経とはサヨナラしましたpaper

先週、復調の西へ行く予定でしたが、今週の方が気温が高いのもありスライドしました。

そう、アレですアレsign01

今週は金、土と外部研修だったので、土曜の終了後から旅に出ました。

風がなく人が多いのかと思ったら、思いの外、車が少なく気になりましたeye

その不安はアタリで、厳しいも厳しいgawk

その中でもマシなのはこれだけでしたscissors

Rimg1227

その他はチビタケが数匹でしたdown

23時を回って移動してみましたrvcar コチラは対照的に超満員でしたcoldsweats01

しばらく撃っていると、最初に来たのはコレでしたscissors

Rimg1231

このサイズのワームはメバルはお嫌いかと思っていたので、ちょっと驚きました。

本格的にとは言わないけども、アレが始まったのかなと思う瞬間でした。

その後はチビタケが釣れたのみでしたshock

最初のポイントへ再移動しましたが、チビタケを1バラシでしたpig

地合が来ると期待して5時まで粘りましたが、変化なく終了してしまいましたdespair

2週間前の状況では良くなるのかと思いましたが、またふりだしに戻った感じです。

「これなら、東へ行きゃよかった」と思ったのはナイショです。

だって~、ちょうど1年前はアレが大爆釣していたので、正直悩んだんですよ。

まだアレが始まっていないようなので、本調子には時間が欲しいのかもしれません。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »