フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮見表

無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月29日 (日)

東へ・・・

西はまだ赤潮の影響が残っていそうなので、ちょっと気になったことをやりに東へ向かいましたrvcar

23時に到着しましたが、ちょうどサゲポヨでやりたいことができないので、

以前に教えてもらったガッシーポイントに入りましたon

相変わらずボトムは良い感触なのに、全く反応がありません。(騙されてるのかな・・・sweat02)

ちょっとだけライト周りやると、この人でしたscissors

Rimg1030

やっぱり清水はカマスですな。

きっとアジは居ないんだgawk

多少、お潮が上がってきたところでメインエリアへ。

でも、まだやりたいことには足りないので、ここでも勇気を持ったシルエットで、

結果がついてくるか試しました。

しかし、グ~フィ~が2回ほど爪を食い千切っていっただけでしたannoy

やりたいことができるようになり、順に撃っていきましたが、

やはりハリが大きいのかナカナカ、フッキングしてくれませんwobbly

端から端までやり続けてやっときましたscissors

Rimg1032

でも、サイズは20cmもありませんでしたdown

夜明け前にもう一つ気になっているポイントへ移動しましたrvcar

夜明け前は追い食いするような感触もありましたが、

夜が明けてからは百発百中でグ~フィ~にやられましたsad

(夜明け前もきっとグ~フィ~なんだろうな~think)

ワームの一部が無いだけならマシな方で、ワームを使っているはずなのに、

ジグヘッドだけになって帰ってくることの方が多かったです。

癒しを求めたはずなのに、全く歯が立たず、

深い闇から抜け出せなくなりそうだったので早々に切り上げましたend

でも『西がダメなら東』という退路がなくなったのは残念ですcrying

2015年11月23日 (月)

都市伝説『赤潮は釣れない』は◎

元々は日曜→月曜で対岸へ調査に行こうと思っていたのですが、

日曜に用事が入ってしまったため、渥美半島を少しやることにしました。

まずは、いつものポイントから。風はほとんどなく釣りはしやすそうです。

2時に到着しましたが、人がゼロで『おかしいな』と思っていましたsweat01

管釣り部長は基本祝日、稼働日の人なので、渥美半島もそういう町ということにしました。

貸し切りのためひとまず、アジの状況確認から開始しましたpencil

すぐに1匹目が釣れましたscissors

Rimg1023

バラシも数回ありましたが、家族分の4匹はゲットできましたnotes

サイズも焼津と同じくらいの15、6、7cmに上がってきました。

今回はサビキをエサ無しで入れてみましたが、コチラは無反応でしたpig

ケチるのはダメなんですねcoldsweats01 (スキンの色の可能性もある)

アジングで定番のこの人もきましたscissors

Rimg1024

東に比べると、テレビっぽいラインナップですな。

サイズは20cm弱なので、もう少し大きいと◎なんですが・・・think

でも、本メバルは本メバルなので自信になりました。(居れば釣れるんだなと)

アジングの合間に底物もやってみましたが、無反応でしたsleepy

明け方にわかったことですが、近くにスナメリが居たみたいです。

アジも夜ではなくなった頃から手のひらを返したように反応が途絶えましたので、

そういうことだと思います。

(底物に関してはこれだけが原因ではなさそうsign03)

完全に明るくなるまで粘って移動しましたrvcar

場所は地元の兄ちゃんが色々教えてくれたところです。

今回も干潮間際に入ったので、プアな感じでした。

なんとか、底物ボウズは免れる一匹をゲットできましたscissors

Rimg1025

しかし、サイズは20cmチョイと、夢からは覚めてしまいましたbearing

ルアーはジークラック ビートクロー3インチ+自作リーダーレスDS(7g)です。

ちなみに、ヤナギ氏は本メバルを底物と思っていませんので。

前回の正午過ぎの事件があるので、帰りにもう一度いつものポイントに戻りました。

到着して沖の方を見ると何か変coldsweats02

帯状に薄っすら赤茶けている海域が目に留まりましたeye

あ~、そういうことねgawk red tide(赤潮)ですよ~。

まだ、キャスト範囲は澄んでいたので、希望を捨てずにやってみましたが、

1、2匹チンマイのが釣れただけでしたdown

ホントにチンマイのを釣るにも一苦労なんです。

正午を過ぎると、マッドラインが近づいてきて、我慢の限界を迎えましたbomb

このところ、西は良すぎたので今回は仕方ないと思います。

でも、本心は先週の雨で水が入れ替わって、魚も・・・と考えていたのですが、

全く逆の方向になってしまたようです。

釣りビジョンの某番組ではないですが、『赤潮は釣れない都市伝説は◎』です。

前回は妊婦さんだったし、朝は澄んでいたので、もしかして産卵で移動した可能性もあります。

渥美半島はツンデレな釣り場だなと思いますcoldsweats01

また、次回は良い方向になってくれると信じてます。

2015年11月 9日 (月)

キントキダイ系

なぞの目が大きな赤い魚ですが、

Rimg0998_2

キントキダイ系ということまでわかりましたflair

魚種特定にはヒレがポイントになるようですが、この写真では判別できないそうです。

キントキダイ、アカネキントキ、ゴマヒレキントキが有力です。

2015年11月 8日 (日)

なんじゃこりゃ vol.2

先週は西で良い思いをしたので、今回は苦手な東を調査ですpencil

最初は磯場にある堤防にしました。

先々週にも訪れましたが、風と濁りがきつく釣りになる状況ではありませんでしたdown

今回は駐車スペースでは風はなく『しめしめsmile』と思っていましたが、いざ堤防に出るとwobbly

東風がビュービューtyphoon 駐車スペースはただの風裏なだけでした。

しばらくやってみましたが、1回アタリがあったものの、

潮位が上がってくるとしぶきが堤防を越えるようになったので、移動することにしました。

なかなか、相性が良くないですなbearing

焼津港内に移動し、しばらく底モノをやっていましたが、ウンともスンとも言わないため、

足下でパチャパチャしているライズを狙ってみました。

すると1投目からアタリがあり、何度か通して掛けましたscissors

Rimg0995

渥美半島より一回り大きいですbleah

連発するかと思いましたが、結局2匹で終了しました。

〆のアジを釣ろうとしていたとき、こんなのが来ましたscissors

Rimg0998

初めて釣りました。

サイズは20cm弱くらいです。

もし、ご存知の方いましたら、ご連絡ください。

最後に敷石のエリアでアジを狙っていると、やっと本命が来ましたscissors

Rimg1000

サイズは20cm弱です。

このところタケちゃんのアグレッシブな反応に慣れてしまい、

ガッシー先生の釣り方を忘れているような気がします。

初心に戻って頑張らないとsign01

最初のポイントはまたリベンジします。

2015年11月 3日 (火)

ヘビダンシステムについて

明け方、一番近い漁港へ行こうかと4時に目覚ましをセットしましたが、

一昨日以上の釣果はないだろうと思い、華麗な二度寝をかましましたsleepy

久々の完全オフです。

他の家族は幼稚園の友達と遊ぶとのことで、独り暮らしなうです。

エロサイトばかり見てませんからねthink

釣具屋に小物を買いに行き、昼前はヘビダンシステムの内職をしていました。

このヘビダンシステムは、ある仕掛けからヒントを得て、フックが可動式になっていますwink

■リーダーレスセッティング

※本家の倒れこむ動きはでないかもしれない。

Rimg0992

■通常セッティング

Rimg0993

■ロングリーダーセッティング

Rimg0994

また、シンカー側もスナップスイベルになっているので、状況に応じて重さを変更できます。

キビレや根魚でスナップ交換だけでヘビダンを使いたいというところから始まりました。

以前に同年代のホープ 青木大介プロが、

ヘビダンにはスイベルを』(2014/12/13 「スイベル編」参照)と言っていたのが、

良いヒントになりました。

(スイベルにスナップを繋げてしまえばイイじゃんsign01とね)

そして、どうせリーダーを入れるならということで、フックを可動式にしてしまったわけです。

ヘビダンは、キビレでは珍しいかもしれませんが、

根魚は胴付仕掛けという伝統がありますので、何ら珍しいことはありません。

キビレは別の仕組みを多用していましたが、今年はヘビダンの方が頻度多かったです。

根魚は先日はフック位置を上手く調整して初の尺モノをゲットしましたscissors

なかなか、自分なりに面白いシステムを作ったなと感心しとります。

まだフック回りは改良は必要かもしれませんが、ナントカなるでしょbleah

2015年11月 1日 (日)

場外ホームラン×2

熱はありませんが、木曜から体がだるく、金曜はさらにだるかったため、早お帰りしましたdespair

今週もダメかな~と思いましたが、病院で出してもらった薬を飲んだら、

何とかだるさは取れたので、釣りに出かけることにしましたgood

前回、尺タケノコが獲れたので、行かずに終わったポイントからスタートしましたon

なんだかリズムが合わず、根掛かりばかり・・・sweat02 (特大のshine流れ星shineを見たからか?)

そうこうしている内に、夜が明けてしまいましたfuji

夜が明けてからはチビちゃんたちの猛攻に合いましたscissors

Rimg0986

ホントは対岸まで調査しに行こうかと思っていましたが、

こんな状態ではミイラ取りがミイラになる可能性が高いため、

小移動することにしました。

いつものポイントに移動しても、しばらくおチビちゃんの猛攻が止まりませんでしたdown

『次こそは・・・、次こそは・・・』とやっているうちに正午のチャイムがなりましたbell

何を思ったか、おもむろにベイトに持ち替えると、いきなり手ごたえがありましたscissors

Rimg0987

ナント、さっきまでライトリグで散々通したハズなのに、一発ですよ。

しかも、2試合連続の尺ゲットですsign01 自己記録も35cmに伸びましたsign03

最初はチンマイと思い、数秒しゃぶらせていましたsweat01

ワームは安定のジークラック ビートクロー3インチです。

興奮冷めやらぬまま次のキャストに入りました。同じラインどりです。

一つ前の重みでPEが食い込みミスキャストになってしまいましたsad (3/4くらいの飛距離)

さすがに撃ち直そうとラインを張るとまたもアタリがsign01しかも結構な重量感scissors

Rimg0990

オイオイsweat01 2打席連続の場外ホームランですワlovely

1匹目との撮影時間の差は5分sign03

前回、お祭りを理由に乱獲しましたし、明らかに身重と分かったので、

2匹ともお引き取りねがいましたrecycle

その後、1時間粘りましたが、チンマイアタリが数回あった程度でした。

潮の見た目はそれほど悪いようには見えなかったですが、反応が鈍く、

大きいのが産卵などの理由に離れていたかと思いました。

今回の尺×2は、バチ食いでも、(エサ用の)エビ食いでもなく、

甲殻類食いの個体だったのではないかと思います。

あんなeveryday、everytimeハイプレッシャーのエリアで2打席連続で来るワケがない。

シルエットは大事だということを改めて感じました。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »