フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

潮見表

無料ブログはココログ

« 避難判断水位明け2 | トップページ | 嵐 »

2015年9月21日 (月)

渥美半島ツアーリベンジ!(ど~よ、ど~よ、ど~よ)

GWに撃沈した渥美半島ツアーですが、このところ釣果が上がってきたので、

秋のシルバーウィークを利用してリベンジしてきましたrock

20日(日) 2時に出発し、いつもとは違うポイントへ向かいましたrvcar

夜明け前に到着し、スタートon ちょっと西風が強くやり辛いです。

始めはスピニングでやってみると、ショートバイトが多数ありましたが、何故か獲れませんbearing

今回は普段キビレ用に使っているヘビーダウンショットシステムの可能性を広げるという

目的もあるのでベイトに持ち替えてみました。

すると、足下で激しいバイトがありましたscissors

Rimg0846

サイズは27cmといきなりのど~よサイズですsmile

ヘビーのパワーであっさり上がってきたため、大きいという認識はありませんでしたsweat01

ワームは先日発売になった『ジークラック ビートクロー3インチ ソルトカラー』の

クリアレッドホロです。

夜が明けてからしばらくしてまたもバイトをモノにしましたscissors

Rimg0847

最初が大きかったため、あまり大きく感じませんでしたが、これも24cmあります。

自作のリーダレスDSです。

日差しが強くなったタイミングで着替えを兼ねて移動することにしましたrvcar

敷石が入っているポイントを選びましたが、人気のポイントに加え、

長期休みということで先行者(ベイトを持った同業者)に叩かれた雰囲気がありましたdown

それでも、しつこく撃っていると根掛かりのハングオフで食いましたscissors

Rimg0852

今回のキープの中で唯一のスピニングでのサカナでしたが、

これも27cmあり最後の突っ込みでは敷石に擦られるかとヒヤヒヤしました。

2匹目のど~よサイズですup

このポイントはこれだけでした。

昼ご飯を食べた後は、1ヶ所は竿を出し、1ヶ所は様子見だけして昼寝をしましたsleepy

夜から管釣り部長が合流するので、いつものポイントに移動し、

待っていることにしました。

核心部を外して撃っていたつもりでしたが、ナントsign03激しいアタリがscissors

Rimg0854

ヘビーの竿なのにキレイな弧を描いていましたmoon3

それもそのはず、今回の最大である28cmのど~よサイズでしたnotes

帰宅してハラワタを出すとこんなのが出てきましたup

Rimg0864

まだ原型を留めたワタリガニの子供でした。

エコギアのロッククローを使っていたのですが、このサカナ的に、

『もう1個、キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!』という感じだったんでしょうねcoldsweats01

アタリの出方もそんな感じでした。

その後、こんなキレイな夕日を見て、夜を迎えました。

Rimg0862

暗くなったら田原市街地で行われているお祭りの花火がキレイでした。

これまでに無かった『ある状態』になったので、あることを試してみましたdelicious

すると、ホントにアタリがありましたscissors

Rimg0863

三河湾では初めてとなるアジですsign01

サイズは11、12cmといったところです。

セイコちゃん9割9分の見立てでしたが、見事に期待を裏切ってくれましたheart04

管釣り部長も合流して、5匹くらいキープしました。

ヤナギ氏は途中仮眠しましたが、その間もアタッていたそうです。

夜明けとともに前日最初に入ったポイントに移動しましたが、全くの無反応でした。

前日の昼ご飯を買いに行く途中の道路が高台に差し掛かったところで、

海を見ると岸から数キロ先に赤茶けた帯があるのが気になっていましたeye

もしかすると、あれは良くない潮だったのかもしれません。

夜明けとともに管釣り部長は終了し、ヤナギ氏は延長戦をしましたが、

フグに食いちぎられるのみでイヤになったので終了しましたend

1日半にも及ぶ釣りの旅は無事終了しました。

前半戦は20cm後半のサカナが出て良い思いが出来ましたが、

後半戦は潮の影響か尻すぼみに終わりました。

潮の影響だったとして、移り変わる様をずっと見れたのは良い経験になりました。

ロックは11月に掛けてが本番ですので、またチャレンジしたいと思いますbleah

« 避難判断水位明け2 | トップページ | 嵐 »

アジ」カテゴリの記事

会長」カテゴリの記事

根魚」カテゴリの記事

活動報告」カテゴリの記事

海釣り」カテゴリの記事

渥美半島」カテゴリの記事

管釣り部長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482428/61708213

この記事へのトラックバック一覧です: 渥美半島ツアーリベンジ!(ど~よ、ど~よ、ど~よ):

« 避難判断水位明け2 | トップページ | 嵐 »