フォト
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

潮見表

無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月29日 (水)

英才教育

愛用GSの昭和シェルは水曜日ポンタ3倍のため、

今回は日付が変わるまで仮眠し、ガソリン注入してから出かけました。

GWに向けてのプラです。(ヤナギ氏はプロとかではありませんが・・・)

先日の不調が潮のためか確認し、GWのプランから消去することが目的です。

1時過ぎに到着し、一通りやってみましたが、今回はガッシーすら相手にしてくれません

ホントに参った・・・

空が若干青くなりかけた頃、ちょっとした水溜りでアタリがありました

Rimg0369

久々のソイ(ムラソイ?)です。サイズは15cmチョイといったところです。

明るくなって穴釣りをしたら、もう1匹同じくらいのソイが来ました。

明るくなってからはタケノ子メバルが毎回アタリました

Rimg0371

Rimg0372

狙いはこれじゃないです。「パパ、ママはどこ~~~

でも、目的は達成です。GWはココは消去しようと思います。

7時まで粘って終了しました

帰宅してからは鬼の人が午前中仕事のため、子守りです。

先日、小僧にスピニングの投げ方を教えたのが楽しかったようで、

『練習行きたい』と言われ、一番近い池へ向かいました。

子供の物覚えは早いですね教えたことは一頻り覚えていました。

前回は右に行くことが多かったですが、だいぶ真っ直ぐ飛ぶようになりました

せっかく釣りに来たので練習に終わるのは勿体ない

真剣に狙ってみると、とあるストラクチャー際で来ました

Rimg0374

自作スモラバ(2.6g)+リーフシュリンプ2.8です。

サイズは30cm切るくらいです。

一旦、堰堤で練習を行い、帰る前にもう一度とあるストラクチャーを撃とうと歩いていると、

ワンド沿いを回遊してくるサカナをハケ~ンしました

見失いましたが、その付近をスイミングさせると奥からすっ飛んできました

Rimg0377

30cm強といったサイズです。

コレをファイトしているときにカバーからビッグなのが出てきました。

リリースした後も足元をウロウロしていて、スモラバを落とすと気にする素振りがありました。

左サイドのレイダウン際に入れたとき、口を使いましたが見事スカルノ

自分の竿に付けていた自作スモラバ(1.8g)+リーフシュリンプ2.8で、

同じスポットに来たときに撃ち込むと、再び口を使ってくれました

Rimg0378

1月以来の40UP(42cm)でした

諸事情により管釣り用の2.5lbだったのでヒヤヒヤでしたが、なんとかキャッチできました

(この池に初めて来たときに同じ場所で、40後半にブチッされているので・・・)

なお、我慢してくれた小僧にはコンビニでお駄賃のポテチを買ってあげました

今年のバス釣りは遅れていましたが、ナントカ4月は釣ることができました

やっと自分たちの釣りがハマる時期になってきたのかな。

夏までにゴンジャレス獲りたいです

頑張るぞ~

2015年4月25日 (土)

まとめて2日間

あまり、パッとしない釣果だったのでまとめて書きます

■2015/4/23

この日は珍しく凪の日だったので、最も近い港へ行ってきました

到着すると先行者が数名居ました。

しばらく様子を見ていると、その内の一人が尺は軽く超えたクロソイを釣っていました

そんなデカイのを見せられ、テトラ際を狙ってみましたが、来たのはコレでした・・・

Rimg0330

あのサイズを見せられてのアタリだったので緊張が走りましたが・・・残念です。

手製直リグ(10g)+リーフシュリンプ3.8です。

サイズは18cm前後といったところです (このリグなのに)

その他、メバルを狙っていたらチビガッシーが釣れました。

■2015/4/24⇒4/25(オール)

管釣り部長とソルトをやる予定で、西か東か迷ったあげく、

ロックの種類が豊富な西に決めました

新しい場所に案内する予定でしたが、管釣り部長は鳥目で危ないので、

ひとまず、いつものポイントに入りました

開始からチンマイアタリは多かったのですが、なかなかフッキングまで至りません

ようやく、ヤナギ氏に来ました

Rimg0334

またも、身重のガッシーでした。サイズは20cmチョイです。

その後、マメガッシーを追加しました。

ヤナギ氏は小移動して狙ってみましたが、衝撃の事実を目の当たりにしました。

足下に泡?膜?みたいなのがビッシリ

どうやら赤潮っぽい感じです

後から来たエサ釣りの人が管釣り部長の真横に割り込んで来たため、

仕方なく元々行こうと思っていた場所に移動することにしました。

(今回の割り込まれた距離はヒドかったです。マナーは守ってもらいたい)

しかし、移動先もチンマイアタリのみでした。

コチラも赤潮の影響ではないかと思います。

このタイミングで北西の風が強まってきました。

すぐにいつものポイントに戻り再開しました。

チンマイアタリの連発でしたが、1回だけマシなアタリが来ました

Rimg0336

20cm弱くらいのタケノコメバルでした。

管釣り部長も同じサイズを釣って何とか『夜の徘徊』は免れました。

かなり明るくなった6時まで粘りました。

明るくなって海を除くと赤黒い色だったので、やっぱり赤潮の影響と思います。

2015年4月18日 (土)

ず~しみからのアマパラ第二

毎年、年券を買っておきながら、晴天続きや面倒くさがりが出て、

結局1、2回しか行けないという状態が、続いているため、

今週は思い切って渓流へ出かけることにしました

と、その前に

せっかく、東の方へ行くので、清水港某所へ寄ることにしました。

釣り場に着くと若い子が、ちょうどキャマスを釣り上げたところでした。

まずはキャマスを狙ってみたのですが、アタリはあるもののバレたり、

フォール中に『コン』と感触があったかと思えば、巻き始めるとラインブレイクしていたりと、

ナカナカ手中に収めることができませんでした

やっと25cm強くらいのが来ました

Rimg0309

ジークラックのムーンカーリーでも来ました

Rimg0310

リーフシュリンプ 2.8でもアタリはあるのですが、尻尾を奪われるだけでした

岸沿いをトレースするととんでもないヤ~ツが来ました

Rimg0313

このお写真では伝わりにくいのですが、指2本半のゴン太40UPです。

久々にこんなデカいの釣りました

あまりの重さにタモを投入しようかと悩んだくらいです。

ビッチを狙ってみましたが、来たのはこの人でした

Rimg0314

定番のガッシー先生です。サイズは20cm前後といったところです。

1時半を回ったところでず~しみは終了し、山梨へ向かいました。

当初は、アマパラの未開拓ゾーンを予定していましたが、

諸事情により変更をせざるを得ませんでした。

今回はヨウさんが一緒だったため、すぐにアマパラ第二に決めました

前回はかなり上がってから釣りを開始しましたが、今回はかなり手前からスタートしました

釣行前に降った雨の影響か水量はやや多く(前回比)、小さなアタリは多かったです。

そうこうしていると、最初のサカナが来ました

Rimg0315

小さなアタリの正体はコレでした。

その後はたまに7、8寸クラスが混じりました

(まとめてお写真を貼ります。)

Rimg0316

Rimg0318

Rimg0319

Rimg0320

Rimg0321

Rimg0322

Rimg0323

Rimg0324

Rimg0325

お写真を撮ったのは半分くらいで、撮らずに逃がしたのがもう少しあります。

このサカナを最後に終了しましました

Rimg0326

久々の渓流は楽しかったです。

今年はもう少し行ってみようかと思います。

2015年4月12日 (日)

様子見にて

散髪ついでに、田原の気になっている所を見に行ってきました

岩が所々入っていてイイ感じでした

様子見だけのつもりだったのですが、岸と並行にトレースすると・・・

Rimg0307

釣れちゃいました しかも、23、4cmのナイスタケノコメバルでした

意外と、大人になってというか、ルアーのデイゲームで根魚釣ったの初めてかも

夜はあまり引かないクセに、昼間はこんなに引くのね

その後もチンマイアタリはありましたが、獲れませんでした。

みんな、いつものポイントを30分もしない内に見切るのはもっといいポイントがあるのですね

2015年4月11日 (土)

ロックに賭ける!

本日は管釣り部長が参戦可能なため、再び田原へ向かいました

天気は霧雨より少し粒が大きい雨が降っていて、風は北よりの風が終始吹いていました。

管釣り部長はテトラ帯を沿うように、ヤナギ氏は背中から風を受けるように、

立ち位置を取りスタートしました

まず驚いたのはヤナギ氏の立ち位置は左から右へスゴイ勢いで流れていました

10gの手製直リグでも大分流されました。

そうこうしていると、管釣り部長が何かを持ってやってきました

Rimg0300

身重のガッシーでした。サイズは22cmといったところです。

管釣り部長がお持ち帰りを希望していましたが、明らかに産卵を控えているので、

ヤリ鱒会規定によりおかえり願いました

(我々はコレを殺せるほど強いハートを持ち合わせておりません)

ヤナギ氏もテトラ帯に移動して、数投するとフォールでアタリがありました

Rimg0303

フォールで当たったのでガッシーかと思いましたが、23cmのナイスなタケノコメバルでした

しばらく反応がない時間がありましたが、

普段、根掛かりが多く敬遠しているラインを通すと、反応がありました

Rimg0304

強いアタリでしが、18cm弱のガッシーでした。

コレをリリースして、また同じコースをトレースすると、またアタリがありました

Rimg0305

今度は22cmのナイスタケノコでした

ほぼ同じタイミングで管釣り部長にも来ました

Rimg0306

またも身重のガッシーでした。

モテモテですな~

その他、チビガッシー、チビタケノコをお互い数匹釣って終了しました

バス釣りの春はヤナギ氏たちの釣りでは、たぶん物にできないと判断したため、

今年はロックフィッシュに賭けることにします

2015年4月 6日 (月)

よくわからん!

ホントは管釣り部長と日曜夜に行く予定でしたが、

諸事情により管釣り部長が行けなくなったため、

ゆっくり行こうと、20時半に布団に入りました・・・・・・

『あんた、イイの』と起こされたのは1時半でした

気持ち良かったし、そのまま朝まで行こうかなと考えましたが、

普通の人は月曜仕事だし、風はなくアソコをじっくりやれるのは、

今日しかないかなと思い、布団からでました

小僧が最後の春休みということもあり、

分担して面倒を見るため月曜は有休を取っていました。

急いで現場に向かうと、風はないもののうねりがあり、ちょっと危険な感じがありました。

(念のため、立入禁止の場所ではありません。)

出来るだけ安全を確保できる場所に立ち位置を取りましたが、

流れが予想以上に速く、思ったところに入っていないようでした

1時間もしない内に引き上げ、ガッシー先生の居る堤防へ移動しました。

入口付近をトレースすると、1投目からチビガッシーが釣れました。

後は続かず、堤防の先端へ向かいました。折り返しながら順に撃って行くと、

少し沖目でお便りがありました

Rimg0256_2

結構強い引きだったので、コチかと思いましたが、

ライトを当てると銀色の魚体が突っ込むような仕草をしていたので、

すぐにタイということがわかりました。

サイズは35cm前後いったところですが、足場が高かく抜きあげることができないので、

入口まで誘導し、ラインをフリーにしてトランク目掛けてダッシュしました

(こんな時に限って岸壁から離して止めていた)

スリリングな取り込みでしが、バレていませんでした

しかし、クロダイが多い地域のハズなのに、キビレとは・・・

その後、チンマイアタリはあるもののノセることはできず、夜明けと同時に終了しました

行けば何かしら釣れますが、何か自分たちが求めているサイズがでません。

これからもマメに通うのか、サイズが出ないから見切るのか・・・、悩むところです

とりあえず、最初のポイントをじっくりやってみて決めようと思います。

2015年4月 4日 (土)

実家にも

前々回持って帰ったタケノコメバルがまぁまぁ美味しかったので、

実家にも分けたいと思い、再び田原某所へ行ってきました

雨の後とあって、終始は濃い霧に包まれていました。

到着時は、風も全くなく、いわゆる『ベタ凪』というヤツです。

少し風があった方がイイなと思っていたのですが、その心配は的中し、

最初はチンマイアタリ(たぶん、子メバル)が数回あっただけでした。

今日は沖目をチェックするというお題があったため、Jドリームに10gテキサスで、入れてみました。

水深はよく分かりませんが、基本的には砂地だと思います。

フラット系やアイナメを期待しましたが、お便りはありませんでした

アゲポヨに入ったタイミングで、テトラ帯を沿うように立ち位置を変更しました。

ここで、西よりの風が強くなり、波立つようになりました。

ジークラックのムーンカーリーをセレクトしてトレースすると反応がありました

Rimg0244

20cm弱くらいのタケノコメバルでした。

その後、また反応がない時間が続きましたが、ワームを変えた途端に来ました

Rimg0247

今回のタケノコメバルで最大の24cmでした。

ワームはバグアンツだったのですが、帰ってハラワタを出すと、

エビがたくさん出てきました。 (反応がなかったのは、そういうことだったようです)

続いて、反対側のテトラ帯に投げ、フォールしている途中でアタリました

Rimg0248

20cm前後のガッシーでした。

釣り場案内では釣れる魚種に入っていましたが、タケノコばかりで居ないのかと思いました。

チビタケノコを2匹くらい釣った後からまた反応が途絶えました。

別な角度からテトラをピンポイントでピンポンしてました

その1投目、テトラから外れるか外れないかといったところで、

『ドゥ~~~』と重たいアタリが来ました

Rimg0251

またもガッシーでサイズは25cmありました。

これもジークラックのムーンカーリーです。

ムーンカーリーはアレに見えているのだと思います。

最後に再びテトラに沿ってトレースすると、一発でアタリがありました

Rimg0252

20cm強のタケノコメバルでした。

このサカナで3時となったため、田原をあとにしました。

帰りに西の池に寄りましたが、コチラは全くお便りナシでした

フナも反応が良くないということなので、池全体が良くないのだろうと思います。

完全にプリは物にできそうにないので、夏までにゴンジャレスが獲れればいいかなと思います。

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »