フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

潮見表

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

ミチ

ほぼ定時に帰れたので、某港の気になるポイントへ向かいましたrvcar

目当てのポイントに入れましたが、絶好なボトムの割には反応は皆無でしたsleepy

アレはいないハズはないので、近々リベンジしますsign03

いつもの岸壁際を狙ってみると、チビガッシーを2匹ゲットscissors、1ラインブレイクcoldsweats02でした。

ラインブレイクはカキ殻に擦れていただけで、そんなにデカくないハズです。

帰り際に堤防の角をトレースするとガッシーとは違ったアタリがありましたscissors

Rimg0243

何だかデラビッグのような写りですが、35~40cmの間くらいです。(ミニコチ略してミチ)

岸壁際の捨て石を外れるとツルツルの砂地なので、

きっとフラット系は居るのだろうなと思っていました。

ワームはジークラック リーフシュリンプ2.8です。

翌日はもちろん仕事なので、日付が変わる頃に帰ろうと思ったのですが、

ナンダカンダで2時になってしまいましたbearing

最初のポイントは絶対攻略してやるpunch

2015年3月29日 (日)

ワルデカイ

ヤナギ氏家は土日と伊良湖へ家族旅行へ行ってきました。

お風呂の後、自由時間が出来たため、21時半から伊良湖港へ出かけましたrun

ホテルに入る前にいくつかポイントをチェックしておき、追い風になるポイントにしました。

日曜の天気が雨のため、南風が強く吹いていましたtyphoon

とりあえず、色々試していると、足下でチビガッシーが釣れましたscissors

(この後、アレ釣れると思わなかったので、お写真は撮りませんでしたsweat01)

チビガッシーは小さいワームで釣ったのですが、

『一発sign01』を狙ってジークラックのムーンカーリーに変えてみました。

すると、すぐにエライ勢いで竿が絞り込まれましたscissors

Rimg0235

ジャ~ンsign01ホントに『一発』が来てしまいましたcoldsweats01

26cmの久々のワルデカイ、ガッシーです~lovely (悪そうな顔してるでしょ)

伊良湖水道で育ったためか、ず~しみの同サイズより体高がある気がしました。

ソルト用に購入したタモを持っていましたが、大した堤防でないのに届きませんでした。

コレはちょっと対策が必要です。

0時になり、約束の時間となったため、ホテルへ戻る途中に入れたところでも来ましたscissors

Rimg0241

18cm弱のソイです。

コレを釣ったところで、終了しましたend

日曜朝も、赤灯台方面へ散歩がてら出かけたときに、

投げ釣りの方に声を掛けると『アイナメを狙っている』ということでした。

ルアーの届く範囲に居るかはわかりませんが、狙える魚種が多いことはいいことです。

コレはコレで楽しみかなと思います。

2015年3月27日 (金)

エゾイソアイナメ

昨晩釣った正体不明のサカナの名前がわかりましたflair

エゾイソアイナメ

Dsc_4173

函館以南の太平洋側に生息する魚です。

毒はなく、鍋の具にすると美味しいそうです。(冬は肝がGoodgoodらしい)

『ドン、グ~』っとイイ引きしてくれました。

2015年3月26日 (木)

なんじゃこりゃ!

明日は小僧の春休みにあわせ有休のため、東の方にある某漁港へ行ってきましたrvcar

むか~し、一回行ったことがあるのですが、西風が強く何やってるかわからないため、

すぐに引き上げた経験があり、あまり良いイメージがありませんthink

でも、今回は春めいてほぼ無風の状態でした。

ただし、風がない分気温は5℃前後と低めでしたdown

釣り用の堤防は誰もいなかったため、岸壁に沿って引くとすぐにアタリがありましたscissors

Dsc_4173

なんじゃこりゃsign03

最初はゴンズイが釣れたのかと思いましたsweat01

各地で海釣りしていますが、初めて釣りました。

もし、名前をご存知の方いましたら、ご一報いただけるとありがたいです。

その後、チンマイアタリはたくさんあり、ようやく獲れましたscissors

Dsc_4176

18cm強のガッシーでした。

帰り際に堤防の入り口でも同じサイズをゲットしましたscissors (お写真なし)

1時を回り、翌朝は池に行く予定だったので、終了となりましたend

(※翌朝は見事に寝坊しましたbearing)

田原よりは近くてイイのですが、攻める範囲が狭く、

おそらく日中はエサの人たちに見境なくお持ち帰りされているでしょうから、

サイズも期待できそうにないので、ちょっと考え物ですgawk

ガッシーは圧倒的にず~しみですし・・・。

2015年3月22日 (日)

初タケノコⅡ & ナマコ祭(爆)

管釣り部長が夜の外出が可能となったため、田原へリトライに行ってきましたrvcar

前日とほぼ同じ時間に到着しました。

気温はフリースで問題ないくらいですが、風が東に変わっていました。

管釣り部長にポイントの概要を説明し、テトラ際をトレースすると1投目から

18cm前後のタケノコメバルが釣れましたscissors (半徹2日目で面倒くさかったためお写真ナシ)

同じコースを通すと、何か引っ掛けましたeye

ゴミかと思いましたが、ナントsign03ナマコでしたcoldsweats01

これだけでなく、4、5個は引っ掛けたと思います。

軽く『お祭り』でしたbearing

ナマコは海底の堆積物を食べるようなので、ただの事故のようです。

さすがに勘弁なので、途中からガード付きのジグヘッドに変更しましたsweat01

その後、チビソイ(たぶんムラソイ)とチビタケノコを追加しましたscissors

しばらく、釣れない時間が続きましたsandclock

テトラ際に戻り、左右分かれてトレースすると、再びヤナギ氏にソイがきましたscissors

そして・・・ついに管釣り部長に来ましたgood

Rimg0229

今回最大24cmのタケノコメバルです。

管釣り部長も初めてのタケノコメバルです。

いつも、管釣り部長は大きいところだけ持って行きます。(外国人助っ人かsign02)

たぶん、今ごろ管釣り部長宅で煮つけになっていると思います。

釣れる度に左右を入れ替えているとヤナギ氏にも来ましたscissors

Rimg0233

Rimg0234

20cm強と22cmのタケノコメバルです。

2:30のリミットとなったため終了しましたend

3回目にしてようやく自分たちらしい釣りができるようになってきました。

管釣り部長に25cmクラスが来たので、尺クラスも現実味が出てきました。

2人ともず~しみ依存症はナントカ克服できそうです。

バスの調子がイマイチなのでまた行こうと思います。

2015年3月21日 (土)

初タケノコ

家族サービスでず~しみに行く予定(前日入りで釣りを含む)を立てていましたが、

体調不良の人が出たため、予定を変更しました。

土曜は朝から西の池リベンジでしたが、その前に田原もリベンジすることにしましたrock

到着すると北西風が強く、またもやりづらい状況でした。

水路を挟んで対岸には電気ウキが1つありました。

その電気ウキは頻繁に反応していました。

まずは、職人さんで巻いてみました。

テトラに沿ってトレースすると、お便りmailtoがありましたscissors

Rimg0224

正体は20cm弱くらいのタケノコメバルでしたhappy01

実はヤナギ氏、初めてのタケノコメバルですwink

もっと、ガンガン引くのをイメージしていましたが、ガッシーと同じでしたsweat02

リーフシュリンプ2.8でもきましたscissors

Rimg0225

こちらは18cm前後といったところです。

続いて、ムーンカーリーでも来ましたscissors

Rimg0227

コレは今回最大の20cm強です。

初めてのタケノコメバルのため、3匹ともキープしました。

帰宅して捌くとたくさんのバチが出てきました。

ムーンカーリーに最大が来たのも、バチを食っていたからと思います。

田原は3時までやって終了しましたend

当初の予定の西の池はまだ時期が早いようです。

近くの池は去年見えバスまみれでしたが、今日はその気配がないからですdown

もう1、2週待った方が良さそうですgawk

2015年3月17日 (火)

初冬の気温変化について

最近、清水でしかサカナを釣っていませんcoldsweats02

先週末は田原へライトソルトの新規開拓しに行っても、希少な2バイトをモノにできず・・・sweat02

タケノコメバル釣りたかったな~shock

帰りに暖かさで動き出していると予想し、西の池に寄ったのですが6時間ノーバイト・・・sweat01

昨シーズンは3/8から45UPが釣ったときのことが何度も頭をよぎりました。

釣りをしている間、気になったのは冬の始まりが2013年は急だったような・・・

というワケでグラフにしてみました。

期間は、2012、2013、2014年の11/22~12/3(2週間)です。

まず、浜松です。

Hamamatsu_11221203

続いて、西の池に近い豊橋です。

Toyohashi_11221203

思った通り、2013年は11/29に寒波が来ていますが、2012と2014年は12/2に来ています。

たった3日ですが、サカナにとってはとっても大きな差なのでしょう。

この3日でエサとなるベイトはキャスト範囲外に出てしまうと推測します。

2013年は11月末に急に寒くなったことによりベイトがキャスト範囲内(岸際)にロックされ、

必然的にブラックバスもシャローに残ったのだと思います。

じゃなきゃ、昨冬通しての好釣と、今冬の不調の説明が付きません。

ちなみに、西の池は2012-2013の冬も『無』の池だったと思います。

となると、キャスト範囲に入ってくるのはもう少し先になりそうですね。

もう少しの辛抱です。

2015年3月11日 (水)

また浜松で雪

またまた浜松で雪が降っていますsnow

Dsc_4167

北陸出張から帰ってくる道中、豊橋まで降っていました。

電車はだいぶ遅れていましたしbullettrain

浜松は23時頃からチラチラしていますcloud

ナンカ、雪と一緒に帰ってきたみたいでヤだな~despair

2015年3月 7日 (土)

ビッチでめで鯛

(※ず~しみ部長をやめて、シンデレラボーイに変更しましたsmile)

ヤリ鱒会3人で清水某所へ出かけましたrvcarcar

6日は啓蟄でしたが、こよみとは程遠く、夕方前から冷たい雨が降っていました。

到着時の気温は6℃だったと思います。

でも、一つ普段と違うことがあり、向かい風でしたtyphoon

投げづらいですが、エサが流されてくる可能性があるので期待できますup

まずは、『シンデレラの角』からスタートしました。

しばらくすると、そのシンデレラボーイの竿がひん曲がっていましたmoon3

Dsc_4141

45cmクラスのコチですからひん曲がりますわなsweat01

ヤナギ氏は密かに狙い続けていただけに、若干悔しいですpig

そして、シンデレラボーイは立て続けに同じサイズのコチを釣っていましたgawk

それにしても、地元は強いですな。

さて、管釣り部長はというと、反対側の角に陣取り、底をノックしていました。

こちらも、すぐに竿を曲げていましたmoon3

Dsc_4148

Dsc_4150

立て続けに22cmクラスと24cmクラスのガッシーを釣っていました。

ん・・・sign02 オレ、取り残されてるsweat01

左右でコチ、カサゴを釣られたら釣るもんないじゃんwobbly

でも、諦めずに底をノックしたらやっとお便りmailtoがありましたscissors

Dsc_4152

最初はずっしり重たく、途中から首を振ったので、すぐにコチとわかりましたが、

帰宅後、目印にした長さを計測したら、ナントsign0150cmジャストでしたnotes

その後、20cmを少し切るガッシーと、レギュラーサイズのカマスを追加しました。

しばらく、お便りmailtoが遠い時間が続きました。

シンデレラボーイはシンデレラタイムで終了となってしまい、

ヤナギ氏と管釣り部長は2時過ぎまで粘っていました。

それぞれ、少し離れたところで釣っていたのですが、何やら叫び声が聞こえたのですが、

酔っ払いが叫んでいるのだろうと思い、放っておいたら名前を呼んでるじゃないっスかcoldsweats01

犯人は管釣り部長で、近寄るとこんなのが付いていましたgood

Dsc_4156

ヤリ鱒会的に初のクロダイです。サイズは目印計測で、約45cmでした。

釣れるという情報はあったのですが、この会の人がキャッチするとは思いませんでしたlovely

管釣り部長は2年連続で海の初釣行でタイをゲットしています。(2014年はマダイ)

このサカナを最後に終了となりましたend

コチからクロダイまで各人がイイ思いが出来て良かったです。

これがあるから清水に通い続けるのです。

また、春はそこまで来ていますcherryblossom

毎年のことですが、3月は取りこぼしのないようにしたいと思います。

ちなみに、このタイトルで変なことを想像ちゃ~ダメですよcoldsweats01

ビッチは『ビッグコチ』の略、めで鯛は管釣り部長のクロダイのことです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »