フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

潮見表

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月30日 (月)

ウィンターチャレンジ2013-2014 #3&釣り納め 2013

前日、ガッシーからの東遠の池が不発で、尻すぼみで終わってしまったので、

昼過ぎから延長戦として西の方の池に行ってきましたrvcar

風はまずまず吹いていて、個人的には好きな感じです。

先週39cmをゲットしたポイントからスタートしましたon

同じコースを何度か通していると、またも枝を引っ掛けたような感触が伝わってきましたsign04

そ~っと持ち上げてみると、微弱ながら首を振っているのがわかりましたscissors

Imgp4017

元気がないのは冬だからだけでなく、ゲロ痩せだったからですgawk

ナンカ見覚えないですかsign02

おそらく、先週釣ったゲロ痩せ君だと思います。

今年は、同じ魚を複数回キャッチする機会が多いですな~。

1匹目が15分くらいで決着したので、気になっている池へ移動しましたrvcar

ヘラブナ釣りが盛んで、最盛期は迷惑にならないよう自粛していました。

堰堤の切れ目を狙っていると、あっさりお便りがありましたscissors

Imgp4019

30cm前半ですが、手探り状態であっさり釣れたのでうれしかったですsmile

もう一度同じコースをトレースすると、アタリがあったのですがスカルノしましたcoldsweats02

堰堤を順に撃って行くとまたもお便りがありましたscissors

Imgp4020

今度は35cm前後と『ナイスフィッシュで~すsign01』の域でした。

もうちょっと丁寧に撃てればイイのですが、時間がなく端折ってしまったため終了となりましたend

たぶん、今日で2013年は最後になると思いますが、

2013年最後に40UPも出て、新天地でも来年に繋がる結果が出て良かったですgood

来年は、何をメインに展開していこうか楽しみですheart04

また記憶に残る魚を獲りたいと思います。

2013年12月29日 (日)

がっし~~!!

2013年も残り5本の指で足りるくらいになりましたpaper

今年は、病気やケガの多い年でしたが、釣りの方はまぁまぁな成績でした。

(イヤ、尺アマゴ×2、ゴジャップ×2、50cmキビレなど、例年になくイイ年でしたよnotes)

今回は淡水の釣りを一旦休憩し、冬にしかできない釣りをやることにしましたwave

当初の目標はガッシー&アジをやる予定でしたが、アジのポイントは街灯が切れていて、

ライズも全くないことから、ガッシー1本で行くことにしました。

昨シーズン、ガッシーマンションを見つけてあるので、ヤナギ氏はそこ中心に狙って行きましたon

最初は、Jドリームのガッツリテキサスでしたが、全くの反応なしsleepy

気温が0℃となり、ベイトを持っていられなくなったので下向きに変更しました。

足元でようやく反応がありましたscissors

Imgp4014

15cmくらいでちょっと小さ目ですwobbly

またも足元からまぁまぁのお便りがありましたscissors

Imgp4015_2

20cm弱でちょっとサイズアップしました。

再びガッシーマンションを撃つと、ようやくお便りがありましたscissors

Imgp4016

まぁまぁ引いたのでデッカイかと思いましたが、18cm弱でしたbearing

ガッシーマンションはもう一回バイトがあったのですが、ラインブレイクしましたcrying

昨年も同じ場所でラインブレイクしています。

ガッシーじゃないような気がします。たぶん、裏の本命じゃないかな~gawk

管釣り部長は"いつもの"をやっていました。

暗闇に向かっていたので、詳細はよくわかりませんが、

2回ヘッドライトが光ったのを記憶していますflairflair

本人の談話では、25cmくらいの『グランデ』と、

22cmの『ナイスフィッシュで~すsign01』が来たそうです。

25cmの方はお写真が欲しかったですね~think

いちお、帰りにラインに付いたお塩をジャブジャブしに、

東遠の池に寄りましたが、天然の日サロになっていただけでしたsun

管釣り部長はホントに顔だけ真っ赤でしたhappy01

来来亭で暖まって終了しましたend

2013年12月23日 (月)

ウィンターチャレンジ2013-2014 #2

(※タイトルを変更しましたsign01 自分で企画しておきながら忘れていましたwobbly)

実家に用事があったため、西の方の池へ行ってきましたrvcar

出発するときはあまり感じませんでしたが、現場に到着するとかなりの爆風でしたtyphoon

そして、気温は4℃でした。

Imgp3979

風があるので氷点下まで下がることはありません。

駐車場前のテッパンスポット(夏用)は一応やってみましたが、やっぱりお留守でしたempty

続いて42cmゾーンに行きましたが、ダメでした。

残ったカナダ藻があるので、可能性はありそうでした。

堰堤をひたすら撃って行きましたが、こちらも『無』でしたsad

先週、スカルノをやらかしたポイントは念入りにやってみました。

何投かすると、手が勝手に反応していましたscissors

Imgp3981

前と同じく、枝を引っ掛けたような鈍く重たくなる感じでしたgawk

たぶん、先週スカルノしたヤ~ツだと思いますflair

39cmでしたが、体高があり40を軽く超えているかと思いました。

再び、堰堤を撃って行くと、またまたお便りがありましたscissors

Imgp3982

今度は42cmでしたが、かなりのゲロ痩せで、そのせいかアタリはかなり明確でしたcoldsweats01

・・・お腹減ってたのねsweat02 クリスマスケーキじゃなくてゴメンねbirthday

強風を正面からモロに受けて耐えられなくなったので、終了となりましたend

気温はだいぶ冬になりましたが、水中はまだまだイケるようです。

魚たちも冬を前にラストスパートなのでしょうねdash

まだ2013年はありますからもうちょっと頑張るゾgood

2013年12月21日 (土)

ターンオーバー

さて、2013-2014シーズン2回目の東山湖です。

前回に引き続きの"アレ"と、昨シーズンからキャッチできていないITOさんを

ゲットするのが目標ですsign03

今回は、到着してからの気温チェックを忘れましたsweat02よって、欠測となります。

記憶によれば3℃だったと思います。

この時期にしては、まぁまぁ高い方の部類です。

4日前に雪が降ったようですが、前日、前々日と比較的気温が上がったためナシでしたsnow

6:00にチケットを購入しONしましたon

全国的に忘年会シーズンなのか、普段より人が少ない気がしました。

いつもの場所に到着しましたが、ライズが全然ありませんsad

明るくなって、理由がわかりましたflair

水が粉っぽく、ターンオーバーしていたからですpig

ホントにポロポロという感じで、普段はガシガシ釣っているトーナメンター風の人たちも

あまり釣れている感じではなかったですsweat01

放流後もレギュラーサイズですら好転することはありませんでしたdown

午前中の段階で敗戦ムードがプンプンしていましたcoldsweats02

フツーにやってもダメだと思い、あるルアーを付けて桟橋へ出張しましたrun

入口の右サイドに落とすと、反応がありましたscissors

Imgp3977

"アレ"持ちのブラウンでしたsmile

いつもの場所に戻っても全く反応がないので、コレをヤリ切ることにしましたsign03

T字の角でナイスサイズがきましたscissors

Imgp3978

50cm強のタイガートラウトでしたnotes

途中、リールがトラブルで巻けなくなり、切れるかと思いましたが、

ナントカ持ちこたえてくれましたbleah

夕方にも40cm中盤のタイガーをゲットしましたgood

このルアーはやっぱり魔法のルアーですwink

ちなみに、管釣り部長は全くイイところなく終了となりましたbearing

今年も残り少なくなりましたが、まだ諦めずにイイ釣りができるように頑張りますrock

2013年12月 3日 (火)

12ヶ月連続フィッシュ!

今年はバス釣りに関して「目標、目標」と再三書いてきましたpencil

どんな目標だったかというと、『毎月30cm以上のブラックバスを釣るsign01』というのもでした。

1日に12匹釣っただけではダメで、12ヶ月連続で釣るというところに意義がありますgood

結構、手間と根気のいることです。

今秋の不調はホントに『無理』だと諦めそうになりましたdown

それでも、魚は応えてくれ、ナントカ目標を達成することができました。

では、思い出となる12匹をご紹介しますwink

<1月>

スタートはこの1匹から始まりましたon

どんなに測りなおしても39㎝でしたpig

201301

<2月>

最も厳しい時期をしのいだ貴重な1匹でしたscissors

この魚で、この目標を頑張ろうと思いましたsign01

201302

<3月>

やっぱり、コレでしょsign02

生涯2匹目となるゴンジャレスですnotes 『ビッグママ』が最適なプロポーションでした。

201303

<4月>

順調に45弱を釣っていきます。

201304

<5月>

清水遠征で管釣り部長に先を越されて焦りましたsweat01

が、冷静やったら結果は付いてきましたsmile

201305

<6月>

新しい地域の探索で見つけた『ヤビィ~池』

雨の中姿を見せた今年2匹目のゴンジャレスですlovely

201306

<7月>

6月の後半からハマっていた『減水パターン』は、8月頭まで楽しみましたwink

数週開けて同じ魚を釣るという珍事もありました。

(※酷暑が原因の惨劇を目の当たりにし、この池は自主禁漁にしました)

201307

<8月>

お盆過ぎから厳しい状況に突入しました。

チビっ子か、マシなサイズはゲロ痩せとクオリティが低かったですthink

ただし、バスはどんなに厳しくても共食いはしないことに関心しました。

201308

<9月>

待ちに待った雨が降ったかと思えば、台風を境に全く釣れなくなりましたwobbly

ホントに原因がわかりませんdespair

強引に釣っている感じがしてイヤでした。

201309

<10月>

ゴージャスなお家を見つけ、ひたすら撃ち続けました。

それでも、MAX40cmと物足りない感じでしたgawk

201310_2

<11月>

中旬までは厳しい状態が続き、季節を追うごとに『ゴージャスパターン』も影を潜め、

ホントのホントに目標を諦めかけましたcoldsweats02

しかし、後半に入って『秋の荒食い』にハマり、久々の45UPをゲットできましたscissors

201311

<12月>

11月後半の勢いで目標達成を目指し、狙い通りの45UPをゲットしましたsign03

厳しかったですけど、とっても嬉しかったですbleah

201312

まだ、残りは半月以上あるので、もう1匹くらいゴンジャレスをイっておきたいですねsmile

経験上、Xマスまでは十分チャンスがありますからねdelicious

頑張っちゃいますよ~dash

2013年12月 1日 (日)

ウィンターチャレンジ2013-2014 #1&目標達成!

早くも、師走に突入しましたonetwo

Imgp3916

朝の気温もついに0℃に到達したので、今年もウィンターチャレンジを開始しますsign01

でも、2014年はあまり頑張らないようにしたいと思いますcoldsweats01

ちなみに、バイパスから池へ向かう途中の車の窓は全てカチカチでしたsnow

向かった場所は先週に引き続き、ゴージャスなお家のある池ですrvcar

0℃ということもあり、今回もとあるストラクチャーからスタートしましたon

前回ゲットした右サイドはお留守で、左サイドを際から順にトレースしました。

際から1m離れたところをトレースすると、枝を引っ掛けたような感触がありましたeye

しかし、竿に重みを載せると首を振っているのがわかりましたscissors

Imgp3919

見えた姿は思いの外大きく、足場は霜でツルツルなので、結構焦りましたsweat01

先週と同じく、45cmのナイスサイズでしたbleah

これで、目標を達成しましたnotes 後日、まとめたのを発表します。

幸先よく釣れたので、本日もイケイケかと思いましたが、朝イチ以降は「無」でしたempty

イイ具合に陽が差してきた9:00過ぎにゴージャスなお家へ向かうと、大変なことにsign03

ナント、2匹も日向ぼっこをしているバスさんが居るじゃないっスかpig (30cm強)

シャローは全く頭になかったので、お見合いをした途端に当然逃げられましたfishfishdash

10:30まで粘りましたが、何も無いので移動を決断しましたrvcar

移動先は久々の北目の池です。

堰堤沿いは陽が当たり暖かかったのですが、全く反応はありませんでしたsleepy

日陰の方で何か跳ねたので、そちらに行くとすぐにお便りがありましたscissors

Imgp3920

残念ながらの『アジ』のような子バスでしたgawk

冬っぽいことをしてみようと、リトルマックスを投入し、お便りがありましたが・・・scissors

Imgp3921

結局、コレでしたdown

続ければ結果が出るかもしれませんが、飽きてしまったので13:00には終了しましたend

それでも、朝イチにGOODサイズが出て大満足ですsmile

歯を失ってまだ本調子ではないですが、残り少なくなった2013年も全力で行きたいと思いますrock

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »