フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

潮見表

無料ブログはココログ

« 気難しい | トップページ | 残り物 »

2013年6月 8日 (土)

減水フェチ

金曜日の天気が晴れから雨に変わり、年券消化のため渓流に行こうかと思っていました。

sign01今日しか床屋へ行くヒマがないことが判明sweat01 平地に残留することにしました。

結局、雨は山の方は少し降ったみたいですが、平野部は全然降りませんでしたangry

独りでバスをやりに行くと言っていた管釣り部長に同行することにしました。

(※『同行することに』というか、ほとんど主導者はヤナギ氏になりますが・・・)

場所は久々に東遠の野池にしました。

MとCのドライブスルーがやたら時間が掛かり、軽く夜が明けてしまいましたfuji

ちょっと前に『1分で提供できなかったら・・・』的なのやってたじゃんpout

池に到着し、愕然としましたcoldsweats02 水がじぇんじぇんないdown

減水は好きな方ですが、ナンカ中途半端な量で釣れる気配がありません。

案の定、45cmクラスの回遊が1回あったきりで、ヤナギ氏はノーフィッシュでしたsleepy

管釣り部長は、ベイトで何とか30cmクラスを2、3匹釣っていました。

護岸がまだ湿っていたので、減水したのが1、2日の出来事で居場所が

定まっていないような印象を受けました。

そして、その湿った護岸で事件がcoldsweats01

『バチン、ザザザ~』と音がしたのでそちらを見ると、

管釣り部長がヌルヌルの護岸に足を取られ、入水していましたbearing

ウケるにはウケるのですが、斜めの護岸は上がれなくなるので注意しないといけません。

ライジャケを着用した方がいいかもね。再犯ですし・・・gawk

7時になり、反応が悪いワリに人が増えたので、移動することにしましたrvcar

昨秋に到着してソッコーで48cmが釣れた池です。

管釣り部長を一度連れて行きたいと思っていました。

到着後、トランクを開けようとしたとき、先に池を見に行った管釣り部長が、

「水がネェですsweat01」というので見ると、水溜り程度しか残っていませんでしたpig

でも、過去の経験からすると居るわかっていてこれだけ減水すると、

ヤビィ~ことになる可能性が高いのですsmile

護岸の一番下まで降りて、取り敢えず真ん中をスモラバのタダ巻きをしてみました。

すると、半分くらい来たところで何かが掛かりましたsign01

結構イイ引きだったのですが、ドラグが固すぎたためかバレてしまいましたsweat02

それからはチビの猛攻でしたdown

右サイドに回れそうな場所を見つけたので、そちらに移動するとイイ反応がありましたscissors

Imgp3369

42cmのまぁまぁサイズでしたhappy01 6月に入って初めての35cmUPですsign03

管釣り部長も25~30cmくらいのをよく釣っていました。

再び護岸に戻り、小さなレイダウンを自作ラバージグ+バイズクローチャンクで撃つと、

着水と同時にラインが走っていましたscissors

Imgp3370

久々にベイトで釣りましたflair

35cmとさっきよりサイズダウンしましたが、管釣り部長がスカルノしまくってたのだと思いますsmile

この魚をリリースし、ダ・メジャーを片づけていたときでした。

護岸の下の方で「来たsign03」と叫ぶ声がしました。イイ感じに竿が弧を描いていますmoon3

Imgp3371

それもそのはず、45cmもあるんですもんcoldsweats01

この人お腹に入れていた物を吐き出しました。ナント、15cmくらいのGALと思われます.。

コレを最後に管釣り部長のリミットが来たため終了しましたend

やっと、年間目標の一つを通過できたので一安心です。

ただ、この減水はもう少しやり切りたい感じです。

明日も調査してみようかな~good

« 気難しい | トップページ | 残り物 »

ランディ」カテゴリの記事

会長」カテゴリの記事

東遠方面」カテゴリの記事

活動報告」カテゴリの記事

管釣り部長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482428/51965156

この記事へのトラックバック一覧です: 減水フェチ:

« 気難しい | トップページ | 残り物 »