フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

潮見表

無料ブログはココログ

« 2013年初シーバス | トップページ | アマパラ 第二 »

2013年5月12日 (日)

まさに巨

昨日、管釣り部長が再三シーバスのチャンスを得ながら、ノーシーバスに終わったため、

本日は管釣り部長のリベンジをしてきましたcoldsweats01

(昨日は、野球で言うと10残塁くらいの感じ・・・)

夜が明けてきた4:30に出発しましたbicyclebicycle

まずは本日設定した最上流のポイントからです。

付き場を教えて管釣り部長にやってもらいました。

横から見ていると、ピックアップ寸前に60cmくらいの魚体が反転したのが見えましたsign01

ルアーを変えたりしましたが、1投目以降は沈黙でしたsleepy

管釣り部長がロスト交換中に少し下流の岸際を通してみました。

すると、2回連続で反応がありましたbearing

この時はシゲの人だと思っていましたが、後に起こる事件よりたぶんキビレだと思いますthink

次のポイントへ移動bicyclebicycle

到着するとすぐにボイルを確認しましたeye

『コレは釣れるんだろうな』と思っていましたが、来る気配がありませんdown

シビレを切らし、ヤナギ氏の手が出てしまいましたscissors

Imgp3341

横取り四拾萬の67cmでしたsign03 (申し訳ない・・・)

思いの外、大きかったです。ボイルは50cmクラスに見えていました。

近くのポイントは不発でしたpig

そして、移動bicyclebicycle

昨年の『キビレ祭』で、最大のキビレが出たポイントです。

実はシーバスも結構釣れる場所です。

ココも先に管釣り部長にやってもらいました。

色んな角度からミノーを通してみても反応ありませんでしたdespair

ただ、昨年のこの時期に巨大キビレ(45cm)を釣った記憶が蘇り、

キビレの好ポイントということもありキビレルアーも試してみることにしましたflair

「岸際は根が掛かるんだよな~」とつぶやきながら、その場所へルアーが到達すると、

何やら竿先が重たくなりましたeye

「ヤ~、引っ掛かっ・・・イヤ、魚だ魚sign03

根掛かりが突然動き出しましたscissors

Imgp3342

なんと、ゴンジャレス(50cm)の超巨大キビレでしたsign03

浮いてきた姿は異様なまでの大きさcoldsweats02 最初はシーバスだと思いましたsweat01

(このサイズはナカナカお目に掛かれないので、このブログに来た人はラッキーですwink)

やっぱり、この時期に巨大キビレは釣りやすいのですなthink

ついに管釣り部長から「ヤナギ氏は竿を持たないでください」と言われてしまいましたcoldsweats01

また、移動bicyclebicycle

テッパンポイントですが、近年は春はあまり良くなく今回もやっぱりダメでした。

すぐに移動bicyclebicycle

昨年、管釣り部長がキビレを釣ったポイントです。

ヤナギ氏は遠くで見守っていましたhappy01

すると、『あ~』とか『う~』とか言うので、

「アレでこーやってみろsign03」と指示するとすぐに竿が曲がりましたsign01

Imgp3344

遠くから見ていると70cmくらいあるように見えましたが、計測すると62cmでした。

ちょっと、コレで肩の荷が下りましたbleah

では、ヤナギ氏も・・・scissors

Imgp3346

少しサイズアップの65cmでしたnotes (ガブ食いでルアーが痞えています)

このポイントは1匹じゃないだろうなと思っていました。

その証拠にまだボイルしていましたしsweat02

管釣り部長にも初シーバスが出たところで気分よく帰宅しましたend

« 2013年初シーバス | トップページ | アマパラ 第二 »

キビレ」カテゴリの記事

ゴンジャレス」カテゴリの記事

シーバス」カテゴリの記事

会長」カテゴリの記事

活動報告」カテゴリの記事

浜松地区」カテゴリの記事

管釣り部長」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482428/51599472

この記事へのトラックバック一覧です: まさに巨:

« 2013年初シーバス | トップページ | アマパラ 第二 »