フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

潮見表

無料ブログはココログ

« ジャックの旅2012 座礁中 | トップページ | 少し腹の虫がおさまりました »

2012年8月 3日 (金)

腹の虫がおさまらない

1週間前に「ブラックバスを帰化させたらどうか?」というタイトルで記事を書いた。

調べれば調べるほど腹の虫がおさまらないのですannoy

Wikiによると、バスは『先送り』にする予定があったとあるじゃないッスかgawk

そりゃそうだろうよココまで日本に定着しているだからね。

当時の環境省の大臣は忘れもしない小池百合子というオバはんでしたねangry

こんな『ゆとり』を推し進めるようなことをやったから自民党は沈没していったんだthink

ヤナギ氏の持論だが、人の生命や身体に被害を及ぼさない生物は問題ないと思うgood

それよりも少し前に触れたが『国内外来種』による遺伝子の絶滅の方がはるかに罪は重い。

純血の魚が残っていれば、現在の養殖技術があればナントカ維持することは可能です。

北海道にしか生息していない幻のイトウですら、現在は本州でも養殖されるようになりました。

日本の養殖ってスゴイんですsign03

ヤナギ氏は、中部地方に住む渓流釣りの人なので、遺伝子の絶滅にはうるさいのですangry

中部地方の一部の地域にヤマトイワナというイワナが居りました。

Yamato_iwana

(↑ヤナギ氏がもっともヤマトイワナに近い魚だと思っているイワナ)

しかし、イワナという大きな括りで放流が行われ、

ヤマトイワナの生息域にニッコウイワナが放流されたため、

交雑が至るところで発生していますdown

Hybrid_iwana

(↑ハイブリッドイワナ。背中はヤマトですが、体側に白い斑点があります。)

漁協や地元民がイワナが泳いでいればいいという浅はかな思いが悲しい結果を生みました。

もっとひどいのは、静岡県と山梨県の一部ではアマゴのことを「ヤマメ」と呼ぶため、

場所によってはホントにヤマメが放流され、ハイブリッドになった魚を釣ったことがあります。

Yamago

(↑朱点がほとんどなく、顔も若干ヤマメ顔?)

アマゴの川に『やまめの里』があるんですよ。ヒドイもんです。

長い年月を掛けて進化を遂げ、住み分けをしてきた魚達ですが、

人間のバカさによって、純血の血統を失ってきています。

こうなってしまうと、養殖や放流をしても意味がありません。

雑誌によると、アマゴやイワナにも川ごとに特有の遺伝子の変異があり、

それぞれの個性をもっているらしいです。

魚を知らない人たちが必死に守ろうとしている在来種というのは一体何なんでしょうか。

では、話を外来魚に戻すと、

タイリクバラタナゴは日本の固有のバラタナゴと混血する可能性があるからダメです。

でも、ブラックバスは日本に近似種は居ないので、日本固有の血統を汚すことはナシです。

だから、少し居場所を与えてやってもイイじゃないですか。

人体に被害を及ぼす、または日本固有の遺伝子を汚す恐れのある外来生物はアウト、

商用利用可能な生物は使い倒してお金にするくらいの意気込みが欲しいです。

琵琶湖は世界が注目するビッグバスレイクだってTVでやっていましたし。

魚だけ考えていますが、哺乳類や甲虫類も同じ考えです。

だって~、再三言っているようにブラックバスの食害だけで、

魚がゼロになることはぜ~ったいあり得ないsign03

じゃなきゃ、日本には肉食の魚しか居なくなっちゃうだろ。違うだろsign02

少なくなっていると感じているのであれば、もっと原因を突き詰めるべきだと思います。

ジィさんの思いこみだけだと、イワナやアマゴのような問題をまた引き起こします。

そもそも、豊橋のため池の駆除は意味あるのかsign02

表向き、全ての池を立ち入り禁止にしているのだから、

在来種が居ようが居まいが池に入れないのだから誰がそれを楽しむワケ?

在来種を獲る人は池に入ってもイイというのはスジ違いだろうよangry

やっぱり、駆除のためのに金を遣うよりも、

もっとWINWINになれるような努力をした方がイイと思うぜ~up

まぁ、バス釣りの人は減らないと思うから、お役所仕事も直に気づくだろ。

それにしても釣り業界はもっと声をあげるべきだsign03

« ジャックの旅2012 座礁中 | トップページ | 少し腹の虫がおさまりました »

ランディ」カテゴリの記事

会長」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482428/46568625

この記事へのトラックバック一覧です: 腹の虫がおさまらない:

« ジャックの旅2012 座礁中 | トップページ | 少し腹の虫がおさまりました »