フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

潮見表

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月28日 (土)

ジャックの旅2012 座礁中

『30歳までに50UPを獲るsign01』という目標は見事達成したのですが、

いちお、7月はバスをヤリ切ることにしたので、今週も行ってきましたrvcar

前1週間は暑い日が続き、ダイブ心配していたのですが、予想は的中sign03

これまで好釣だったスモラバに、今年の子バスが食ってくるという状態で、

魚の好み・場所が変わったのを実感しましたsweat02

ビビットテールで30チョイを釣るのが精一杯でしたwobbly

Imgp2947

(ちょっと、大きく見えるでしょ?でも、30cmしかないんですね~)

この池で、このパターンを粘ればよかったのかもしれない・・・。

その後は、ヤナギ氏未開拓の池をいくつか回ってみましたrecycle

しかし、どの池も膜が張っていたり、アオコが覆っていたりと、水が悪く

チビのアタリはありましたが、デカイのが釣れる雰囲気はナシでしたbearing

先々週、管釣り部長がお祭りしていた池に行きました。

コチラは先週ほど水は悪くなかったのですが、パターンか居場所が変わったようで、

今までのやり方では全く反応はありませんでしたsleepy

さすがに暑く体に堪えるので、午前中で切り上げましたsun

ま、30cmがナントカ釣れたからイイかgood

来月から何の釣りをしようかなthink また、考えておきます。

2012年7月27日 (金)

ブラックバスを帰化させたらどうか?

国の法律上、多々問題があることは承知だが、それを一旦忘れて書きたいと思うpencil

まず、結論から「ブラックバスを帰化させてあげたらどうだろう?」。

もう琵琶湖にいるバスはきっと関西弁しか話せないだろうし、

熱狂的な阪神ファンから教わった『六甲おろし』を歌っているバスもいるだろうnotes

冗談はさておき、日本に連れてこられて87年、だいぶ日本に定着した。

釣り業界をけん引し、人の移動や食事などで間接的に経済にも貢献してきた。

もう、帰化させてあげてもイイんじゃないの?と思ってしまいます。

そんな日本経済の功労者が、今や犯罪者扱いされ駆除の対象となっているgawk

確かに、肉食でサカナを食べているという印象が強い。

が、実際はどうだろう。

年がら年中イケイケで、サカナを追い回しているワケではない。

産卵後のメスは体力を消耗し素早く動けないし、

オスは卵を守るため自分はエサを取らないと言われている。

冬は人間同様に寒さで動きは鈍くなるし、夏はセミ、甲虫、バッタを好んで食べる。

秋は盛んにトンボを追っている光景を見る。

この記事を読んでほしいです。

http://www.higashiaichi.co.jp/newspaper/befor_today/110123t/11012301.html

ヒドイ言われようdespair 「悪」で片づけられている。

先に述べたようにブラックバスの事をよく観察していれば、

魚だけを主食にしているわけでないことは容易にわかるflair

こんな偏った記事を書く新聞があること自体驚いたsign01

世の中にはちゃんと在来種と外来種が共存できている場所はたくさんあるじゃないッスかpig

では、なぜ豊橋のため池に在来種が居なくなってしまったのかsign02

ヤナギ氏的には外来種の他にもいくつか要因があるとみています。

(賛否両論あることは十分受け止めます。)

1つは、鳥による食害。鵜やサギなどの魚を主食としている鳥による影響です。

特に鵜は結構問題になっていますから、池の魚を食い荒らしていると考えられます。

実際に様々な水辺で、よく見かけますしdown

1つは、農薬の流入による影響です。

豊橋のため池は田んぼや畑に隣接していることが多く、

直接農薬を捨て居ていることは無いだろうが、

雨などで土から染み出していることは大いにあり得ると思いますrain

ヤナギ氏がよく行く里川の渓流は田植えの後は釣果が落ちると言うジィさんが居たし、

リバーシーバスも田んぼの水が入ると一気に釣果が落ちると実感している。

モツゴやドジョウなどの体の小さな魚にはとっても強い毒になるのかもしれませんねthink

実は、コレが案外大きい理由かもしれません。

みなさんは、『国内外来種』という言葉を聞いたことがありますかear

魚自体は日本の魚だが、限られた地域に生息していたにも関わらず、

大人の事情により各地に放流された在来種のことを言います。

釣り界のハト的存在のフナ(ヘラブナ)ですら、実は国内外来種なのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%8A

元々は琵琶湖にだけ生息していたフナを大人の事情だけで全国に放流したのです。

バスの密放流は反感を買うのに、何だかおかしい話ですね。

ヘラブナのWikiを調べたついでに、

赤ヘル(コイ)のWikiを見たらもっと衝撃的なことが書いてありましたよcoldsweats02

 ⇒ URLが長いのでリンクにしました。「コイによる生態系の破壊問題」の項を参照

20数年間、様々な釣りをやってきたが、コレは目から鱗が出たsign03

ココまで深刻とは・・・sweat01

もし、ヤナギ氏が小魚やコブナだったら、

バスに食われるなら隠れる・逃げるして難を免れればいいが、

ご飯が無かったら餓死するしかないですもんね~bearing

豊橋・湖西に生息しているヘラブナは50cm近いのが居るといわれていますし、

豊橋の某池では40cmクラスがヘラボールを形成して回遊していたのを見たことがあります。

異様な光景でしたよwobbly

コブナやモツゴなどの在来種のエサを駆逐している可能性はないのだろうかと思ってしまう。

そもそも、ため池は魚が共生できるように作っていないだろうから、

在来、外来問わず肉食魚が入ったら、草食種は食い荒らされるんじゃないでしょうか。

おそらく、日本固有の肉食魚であるナマズを放流すれば、

理論上は新聞記事に書いてあるようにモツゴやドジョウは居なくなってしまうと思います。

「ナマズだったらイイのか?」という疑問が生まれます。

そりゃ、水槽に肉食魚を入れたら、肉食魚が勝つに決まっているじゃんcoldsweats01

豊橋のため池は仕切りを作って水を溜めただけだから大きな水槽みたいなもんですよ。

ちなみに、豊橋のため池はだいたい豊川用水から水を引いていて、

小魚の供給は絶えずあると考えられますangry

共存ができている池では、この時期はアユの姿があったりします。

記事の通りに確認ができなかったのであれば、

調査の怠慢か、歪曲して記事を書いていると思われます。

とにかく、在来種が減っているのは事実で、バスの原因も捨てきれないが、

バスだけに重荷を背負わせるのは大きな間違いだと思う。

魚がゼロになるということは単純なことじゃないsign03

それで、ヤナギ氏からの提案ですflair

ため池に関しては、特区を作ってみるのはどうでしょう。

人間界には、『チャイナタウン(中華街)』とかがあるじゃないですかpaper

日本にも、『若者の街、渋谷』だったり、『老人の街、巣鴨』があるじゃないですかpaper

人間は無意識に住み分けをしているんです。

要はため池でも同じようにしたらイイじゃないかと考えていますgood

具体的には、1つの町にあるため池の10%は外来種も生息可能にして、

その内の半分は在来種との共存を目指すということです。

例えば、100個の池があったら10個は外来種OKで、10個の内の5個はフナなどと共存させます。

ただし、共存させる5個の池には色々な工夫が必要と思いますsweat01

小魚が隠れるような漁礁や石積みを設置したりして、

肉食魚から逃れることができるエスケープゾーンを作ってやることです。

あと、残りの90個に外来魚を入れたら、今の3倍くらい刑罰を厳しくしてもいいと思います。

きっと、共存させてやることは可能だと思いますrock

アメリカにバス以外の魚も居るでしょsign02

法律が厳しくなったとは言え、ブラックバスの人気は計りしれませんup

この前、あからさまに釣りをしたことがなさそうな小学生が

ボロボロの釣り竿を持って「仕掛けを作ってください」と言ってきたことがあった。

キス釣りの仕掛けでしたが、「何を釣りたいんだ?」と聞いたら、

「ブラックバスです。」と言いましたsweat02 やっぱり、人気があるんですよthink

ゲームしかしていない子供たちでも「カッコイイ」と思える魚が必要だと思います。

そして、あまりハッキリ言いたくないが、現場の状況や新聞の記事などを繋ぎ合わせると、

どうやら車のスピード違反みたいなことが起きていることは事実みたいです。

(ハッキリ言わない方が怪しまれるのか・・・?ボクじゃない!)

ヤナギ氏は、バスの豪快さも好きだし、

先週久しぶりにやったタナゴ釣りの繊細さに改めて感動したcrying

この両者にフナやコイを含めた多彩な魚種が共存できる所があるといいですね。

それを狙う釣り人が居るのももっとイイです。

法律が求めている『多様性』とは何なんだろうと思います。

時代の流れとして、外来種がいることも『多様性』のような気もします。

ヤナギ氏は一般人の端くれで、市議会議員でも市長でもないので、

ただ想いを書くことしかできませんが、どこかで共感してくれる人が居ればと思いますhappy01

7月はバスをヤリ切ることに決めましたsign03

明日も頑張るぞscissors

2012年7月22日 (日)

ミッションコンプリート

今週もブラックバス50UPを目指し、県境を目指して出発しましたrvcardash

先週、言い忘れましたが、寝坊して管釣り部長のピンポンに起こされましたsweat02

実は今朝も、「あんた、5時だけどイイの?」と言う、声で目を覚ましましたclock

ハィ、完全に遅刻ですsign03

予定では3時に起きて、ガソリンなどを入れてから行こうと思っていたのですが、

起きて10分もしない内に国一に突入しましたsweat01 (信号が奇跡的に全部青だったscissors)

1つ目は、会社の先輩M氏の池を回避し、少し山手の池へ。

結構、激戦の池ですが、寝坊したにも関わらず誰も居ませんでしたcoldsweats01

取水用水門を撃っていると、左手から巨体がコチラに向かってやってきましたeye

55cmはあろうかという、ランディ君ですlovely

とってもお利口さんでスモラバやカットテールは嫌って、少し離れてはまた戻ってきますrecycle

どうやら、釣り人が逃がした子バスにしか興味がないようですdespair

「それじゃ~、釣ってあげますよ」とは言ったもののナカナカ釣れませんbearing

左に移動すればヤツも左へ、右に移動すればヤツも右へsweat02

「ごめんね~」とか、「すみません、すみません」と平謝りしながら、

左の角を撃っていると、ようやくアタリが来ましたscissors

Imgp2942

47cmと、ランディ君のご飯にはならない(どっちかと言うとライバル)感じでしたcoldsweats01

コレをリリースして、30分後にようやく30cm切るくらいの子バスが掛りましたsmile

手前まで寄せてくると、ランディ君はものすごい勢いで子バスを追っかけまわし、

子バスが岸に向かった瞬間、子バスを咥えましたcoldsweats02

頭が出ているのは確認できたので、ベールを返してフリーにして、

かなり沖まで泳がせましたfishdashdashdashdash

2、30m泳がせたところで、巻き取りを開始しましたが、すっぽ抜けてしまいましたdown

何度も襲われた子バスはズタズタのままリリースしましたが、

おそらくランディ君のエサになったと思われますsweat02

いくつか新しい池の捜索へ。

1つは、茶濁りでサカナっ気なし。

1つは、工場の敷地内で侵入不可。

1つは、浮草が護岸面を覆い、釣りにならず。

最後の池以外は特に収穫はありませんでしたpig

2つ目は、先週、管釣り部長が爆発した池へ。

先行者はいませんでしたが、サカナの反応もあまりありませんでしたthink

薄濁りが入り、水が悪い感じでしたdown

1匹30cm後半の見えバスを発見しましたが、一目散に逃げていきましたsweat01

3つ目は、会社の先輩M氏御用達の池へ。

ホントは、近くの池にする予定でしたが、コンビニ飯を食べた後その池を見たところ、

隙間なくヘラブナのオサ~ンが居たので、M氏の池へ変更しましたwobbly

先週、先々週と43cmが釣れた場所へrun

少し沖目のラインで、小さくないアタリがありましたが、フッキングに失敗しましたbearing

一番長い直線の護岸面を輪切って行くと、チビが来ましたdown

「このサイズが来ると釣りが違うかな~」と思いながら、駐車場前のポイントへ。

先々週40cmを釣ったラインを通すと、事件がcoldsweats02

ラインがものスゴイ勢いで沖に走りだしましたscissors

Imgp2945

スーパーセンサー+フロロ3lbで何とか寄せましたheart02

やってしまいましたよbleah ついにゴンジャレスを手にするときがshine

コレで心置きなく、三十路を迎えられますbirthday

気分がイイのでコレを最後に終了しましたend

2012年7月16日 (月)

スペシャルDay

先週から天竜川水系(小さな用水を含む)は、牛乳化して釣りどころではありませんdown

ココ数年のフィッシングスタイルとなる魚種は以下の通り調子がく、

自己ベストに近かったり、更新したりできています。

  • シーバス : 82cm
  • キビレ : 45cm
  • ゲ~ヒ~ : 70cm
  • ミサイル : 82cm

これだけ好成績なので、バスも50cmの壁を超えたいと思うようになりましたnotes

特に、『30歳までに50cmを越えたいsign03』という思いが芽生えましたbud

と、いうわけで金曜日に引き続き、ビッグバスを釣りに行ってきましたrvcar

今回は管釣り部長も何とか時間を作れたので同行することになりました。

1つ目、金曜にフロッグで反応の合った池へ。

しかし、反応はナシbomb 唯一の反応は、本物のフロッグだけでしたwobbly

2つ目、会社の先輩M氏御用達の池へ。

管釣り部長は、先週ヤナギ氏が43cmを釣った場所へ一目散に歩いて行きましたrunrun

ヤナギ氏は別の場所からそちらを見ているとすぐに竿が弧を描いていましたmoon3

Dsc_0041

あとから聞いたら43cmもあったそうですsign01

「まさか、先週と同じヤツじゃね~の」なんてことを話していましたhappy01

ヤナギ氏はと言うと、目の前を45~50cmの4、5匹の集団が目の前を通り、

それらにスモラバ(1.8g)+ハンハントレーラーを通過させると、

みんな振り向きスゴイ勢いでルアーにアタックしてきましたが、

距離が縮まってしまい、食う瞬間に反転して逃げて行きましたshock 惜しいsign03

さらに事件がcoldsweats02

同じ場所で粘っていた管釣り部長の竿が再び大きく弧を描きましたmoon3

しかし、すぐに力を失いましたdown

だいぶ、デカかったみたいですsmile

ちなみに、先週よりも表面にアオコが発生し、護岸にもトロロが増えて、水が悪かったです。

3つ目は、新しい池です。

普段、近づこうと思っても道がわからない池ですが、今日はすんなり近づくことができましたhappy02

近づけたということは池が呼んでいるのかと思いましたが、そうでも無かったです。

チビを釣るのに精いっぱいでしたbearing

その代わり、オイカワの大群が居ましたeye

コレは時期をズラしてチェックしてみたいと思います。

4つ目は、金曜の最後に36cmを獲った池です。

金曜のパターンを繰り返していくと、ヤナギ氏に来ましたscissors

Imgp2932

42cmでまずまずでしたhappy01

この写真を撮っているときに横から、「こっちも来ました~」との声notes

Imgp2933

なんと、ヤナギ氏よりもデカイしpig

こんな、リッチなお写真も用意してみましたbleah (野池の出来事ですからねsign03)

Imgp2935

このあと反応がなくなったので、ラーメンを食べに行きましたnoodle

5つ目は、金曜に見つけた子バスの池です。

相変わらず子バスは多いですが、3連休で『特別夏季講習』を受けたらしく、

たいぶ、お利口になっていましたsad

その中から親を探すべく、Dゾーンを投げまくってみましたが、反応はなかったです。

管釣り部長は子バスに追加補習をやっていたようです。

6つ目は、再び会社の先輩M氏御用達の池へ。

しかし、人がたくさん居て、朝方ほど反応はなかったので、ソッコー切り上げました。

そして、最後はダブルヒットをした池へ。

しばらく、パターンを繰り返していると、管釣り部長がまた釣りましたcoldsweats01

Imgp2936

またまた49cmです。

午前のヤツと似ていたので、同じサカナかと思いましたが、

帰宅後に写真判定を行ったところ、別のサカナということになりました。

ナントsign03管釣り部長は、数分後またも「来ました~」と言うじゃないッスかwobbly

写真を撮ろうとした途端に暴れて逃げられましたが、速報値では、45cmでした。

ヤナギ氏には全く反応がなく、終了となりましたwobbly

今日は完全に『管釣り部長Day』でしたdown

「たまには、こんなこともありますよね~think」と言ってみたりしますが、とても悔しいですgawk

なんたって、40UP×4ですよ。内、45UPが2本ですもんねsweat01

ラインブレイクも45cm前後でしょうから、もう無茶苦茶ですwobbly

ヤナギ氏は次こそ50cmの壁を越えられるように頑張りたいと思います。

2012年7月13日 (金)

プチ世紀末

本日は、ちょっと疲れてしまったのと、小僧の誕生日なので、有給休暇を取得しましたhospital

でも、家でゴロゴロしている性分ではないので、リフレッシュを兼ねて釣りにいってきましたrvcar

いちお、3連休のどこかで、「ジャックの旅 中間報告」を行う予定ですが、

前回分ではリサーチが足りないのでそれを補うための情報取得ですpencil

1つ目は実家の近くの池です。

ココは本来『ジャックの池』ですが、まだ早かったですclover ヒシ藻がまばらでした。

子バスが1匹釣れただけで終了しました。

2つ目は昨年の晩冬に調査したところです。

その時は赤ヘルしかいなかったので、水を抜いた際にバスも抜いたのかと思っていましたdespair

到着時にスモラバ(1.8g)+ハンハントレーラーをシェイクシェイクしていると、

沖の方から巨大な団体だけど個々はとても小さな人達がやってきましたwobbly

寄ってたかって、スモラバをイジっていきましたfishdash fishdash fishdash

この状態は全域で起こりましたbombbomb

Imgp2858

こんな有り様ですsweat02

「さすがに、これだけ繁殖していれば1匹くらい親が居るだろが~think

小さいのを掛けて泳がせたりしても、デカイのは寄ってきませんでしたpig

どうやら、スモラバで届く範囲には居られないようですdownwardright

3つ目は前回の先発の池です。

やっぱり、納得がいかなかったから行ってしまいましたhappy01

しばららく、池の様子を見ていると、対岸でボイルが起こりましたwave

すかさずジャック船長を出港させると、

着水なのか、バイトなのかわからないくらいのタイミングで反応がありましたsign03

その後も、何回かアタックしてくるものの、残念なくらいの空振りですbearing

某YSの池山を思い出しましたbaseball

ココはコレ1度きりでしたcoldsweats01 それでも、気持ちよかったです。

4つ目は前回、先発にしようと思っていた池です。

さすがに平日なので先行者は居ませんでしたgood

付き場に到着すると、やっぱり居ましたup

そちらの方に目をやると一目散に逃げて行きましたsweat01

ハイシーズンほど見えバスを確認できないので、その場所は早々に切り上げました。

入口付近をスモラバ(1.8g)+ハンハントレーラーで丹念に攻めると来ましたscissors

36cmくらいであまり大きくなかったですけど、チビだけよりマシですgawk

Imgp2859

コレを暴れる音に追っかけてきたのは45~50cmはありましたcoldsweats02

しばらく、足元をウロウロしていたので、急いで投げようと思いましたが、

ペンチは外れない、飲まれて外れない・・・sweat02

もたもたしているうちに見えなくなってしまいましたdown

時間が来たので、この池で終了です。

冒頭にも言ったように小僧の誕生日なので、帰りはちゃんとケーキを買って帰りましたbirthday

なお、1枚目のお写真でお気づきかもしれませんが、竿を新しくしましたscissors

エバーグリーン スーパーセンサー(PSSS-67S)というライトソルト用の竿です。

ちょっとお高めなのですが、コレで全部やるつもりなのですflair

管釣り、バス、アジ、根魚と、1魚種あたり1万円と考えれば安い買い物ですdollar

ブラックバスには十分対応できます。

オープンウォーターなら55cmをフロロ3lbで、獲れるパワーがあります。

でも、ティップはソリッドで繊細、バットは振動が伝わりやすい作りなので、感度も抜群です。

これからの管釣りシーズンが楽しみな1本ですheart02

なぜ羽振りがいいかというと、間もなく年齢の2桁目が「3」になろうとしているので、

個人的にはちょっとした世紀末の気分だからですbleah

今月はちょっと色々新しい物にして、新しい世代に突入したいと思います。

TSUNEKICHI【常吉】ハンハントレーラー

TSUNEKICHI【常吉】ハンハントレーラー
価格:576円(税込、送料別)

2012年7月 8日 (日)

ジャックの旅 2012 出港

本日は、管釣り部長と『2012年ジャックの旅』を行いましたship

ジャックの旅とは、ヤリ鱒会的にカバージャックJr.を使ったバス釣りのことを言います。

フロッグは投げるとすっ飛んで行くので、投げるだけでも楽しいからです。

管釣り部長は私用で月末から来月頭はこの恒例行事に参加できないので、

時期的にちょっと早目ですが、某所へ様子見に行ってみましたrvcar

最初にアタリを付けていたポイントは、常連×1、見慣れぬ車×1、自転車×1でしたdespair

まだ、夜も明けてない朝4:30ですよfuji

管釣り部長も含め、常連は予想はしてましたが、他に敵が2匹もいるとは・・・。

釣りができるポイントは少ないので、この池は素通りすることになりました。

続いての池は、ベジテージ系ではないものの、対岸のブッシュにデカバスが着く池です。

しかし、撃てでも撃てども反応はなし。

ただの、キャストの達人になってしまいましたbearing

おそらく、まだセミが出ていないのが原因と思われます。

そして、会社の先輩M氏御用達の池へ移動rvcar

ココは『ジャックの池』では無いので、下向きだけで行きました。

M氏いわく、「この時期は子バスしか釣れネェ~」とのことですが、

ヤナギ氏的には通年(特に初冬)通じて40UPを狙える池だと思っていますsmile

到着時、ヘラブナのオサ~ンが2名居たので、迷惑が掛らないくらい離れ開始しました。

北東角でちょうどシェードができている場所ですshadow

自作スモラバ(1.8g)+C-4シュリンプでブッシュの際を通すと、

何かの物体に当たり、外れた瞬間にバイトがありましたscissors

Imgp2854

教科書通りでしたね~notes

43cmと、某M氏が言う子バスではなく、明らかに親です。ただ、まだ痩せていました。

管釣り部長は「まだココで粘ります」というので、

ヘラブナのオサ~ンに一言声を掛け、隣の排水用水門に入らせてもらいました。

先ほどから使っていた、自作スモラバ(1.8g)+C-4シュリンプで撃っていくも反応なしwobbly

「日向に出たからダメ?」とか、「冬のポイント?」とか色々考えていましたが、

足元をチョロチョロ泳ぐ人を発見しましたeye

どうやら、10cmくらいのゴリとかのハゼ系のサカナがウロウロしていますfish

「もしやcoldsweats02」と思い、C-4シュリンプからハンハントレーラーにチェンジしましたrecycle

すると、堰を切ったようにバイトが出ましたsweat01 しかも、サイズが30cm前後とまずまずです。

管釣り部長にもその旨を伝えると、すぐ釣っていましたbleah

その集大成として、駐車場前のインレットに落とし込むとまた来ましたscissors

Imgp2856

40cmジャストと単日で40クラス×2と、野池オンリーでは初の快挙を達成しましたsmile

管釣り部長は初めて自作スモラバで釣ったそうです。

当初は「ノーシンカー最強です」とか言っていましたが、ちょっとは考えが変わったみたいです。

ベイトにマッチさせると、子バスだけと言われる池でもちゃんと出ますcatface

特に、スモラバは作り手の技術と、使い手の技術が大事になってきます。

自作スモラバで釣れたということは大変重要な事だと思いますgood

2012年7月 7日 (土)

復活の兆し

今日は単独行動なので、気になることを全部調べてきましたpencil

まずは、磐田の公園からrvcar

晩ご飯のときに散歩に行った小僧が「小さいお魚がい~っぱい居たよ~up」と何度も言うので、

それを食べに入ってきているシーバスが居るかチェックしてみました。

(実は、先週末にベイトがたくさん居たのは確認済み)

しかし、気配なしsign03

ベイトは少ないし、水色が黄土色で息苦く、到底シーバスには良くありませんwobbly

1hもしない内に切り上げました。

続いて、先週唯一釣果のあった場所へrvcar

昨晩の増水で茶濁りとなっていましたcafe それでも・・・、

先週とほぼ同じラインから足元バイトがあったのですが、フッキングはできませんしたbearing

『目が合ってしまった』らしく、それ以降は無反応でしたsweat01

1つ目と2つ目の移動中に家の近所で目に留まった場所があったので、

自転車に乗り換えてその場所へ行ってみましたbicycle

ポイントに到着し、勝率の高いラインを通してもダメdespair

少し上流を撃って、もう一度同じラインを通すと居ましたよscissors

Imgp2849

40cmくらいのチビでしたが、最近の状況を考慮すると若干ホッとしましたcatface

さらに下流を撃ってみると、また来ましたscissors

Imgp2851

久々のキビレです。1ヶ月ぶりくらいかsign02

フッキングしたときは、ボラのように高くジャンプしましたairplane

「キビレってあんなにジャンプするんだ」~ってくらいです。

さらに下流で、足元バイトがあったのですが、フッキングできずsweat02

また上流へ戻り、ポイントを休ませることにしましたrecycle

折り返して最初の1匹を釣ったポイントから、足元バイトがあったポイントを見ていると、

小魚が追いかけられているのが見えましたeye

「ボイルだsign03」とつぶやき、ソ~っと急いでキャストをしてみましたが、無反応coldsweats02

もう一度キビレが出たコースを通すと、またしても反応がscissors

Imgp2853

ロクナナでしたが、意外と引きましたsmile

ナナオちゃんくらいイっているかと思うくらいでした。

色々なポイントを回ったワリに、今日は『灯台下暗し』の日でしたpig

2012年7月 1日 (日)

濡れたワリには・・・

本日、午前は曇りっぽく、午後は雨のようなのでダブルヘッダーを行いましたby-d

<第一試合>

初めのポイントは、先週ハチ兄が釣れた場所ですrvcar

先週のハチマルがあまりにアッサリ釣れてしまったのと、

このところのパターンと思われる状況になっているからです。

今回も管釣り部長が生け贄ですsmile

ヤナギ氏は先週イイ思いをしたので、ほとんど管釣り部長にやらせましたeye

しばらくすると、竿が曲がりましたmoon3

「やってしまいました~down」と言いましたが、正体はこの人でしたgood

(ヤナギ氏は反転したときから判っていたのだ~sign01)

Imgp2846

この2週間で3本目ですし、本命のシーバスやキビレを釣っていませんがsweat02

ちょっと、いい加減に見飽きましたwobbly たぶん、巻きスピードが遅いんだと思います。

その後反応はなく、ボラの水中発射で「追っかけてるんじゃないですかsign02」とか、

ボラが反転したのを見て「あの反転は間違いなくゲ~ヒ~ですね~」とか、

急にド・素人みたいなことを言うので「これまで何を見てきたんだ」と言ってやりましたpout

ボラの水中発射は一直線にスーと走るのですが、

シーバスの給餌は大体ベイトに合わせてジグザグに動きます。

ゲ~ヒ~は基本的に底生なので、表層でゆらゆらしていることは稀です。

(※稀にあるが、色が茶色や黄土色で黒ではない)

覚えておいてくださいflair

磐田方面に新天地を探しに行くも、空振りで第一試合を終了しました。

<第二試合>

やはり、昼前から雨となったので、昼食後に第二試合に出発しましたbicycle

ある程度的を絞って行きましたが、どこも牛乳に侵され釣りになりましせんdown

先週出会ったオサ~ンにイイ事を聞いたので、そこに行ってみました。

その話のとおりの状態で、イケそうな気配がプンプンしますheart02

いくつかのラインを通すと来ましたよscissors

Imgp2847

62cmでしたが、とても価値ある1匹でしたnotes

連発しそうな気配でしたが、管釣り部長に迷惑メールをしていると、

風が吹きゴミに覆われて一瞬で状況が悪化してしましたcoldsweats02

その後は、ビショ濡れになったワリには雨の効果を感じることなく家に着きましたsad

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »