フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

潮見表

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月28日 (土)

色々あった、管釣り部長の「始まり鱒」

さて、管釣り部長が「地獄のロード」から解放されたので、東山湖へ行ってやりましたrvcar

(※先に言っときますが、今回は色々あったのでサカナのお写真はありません。)

寒波の長期襲来で想像を絶する寒さが予想されますwobbly

それでは、恒例の気温チェックですheart01

Imgp2537

ウっsign03 過去の気温チェックで最も低い温度でしたdown

夜が明けたらエライことになってそうですsweat01

券を購入して現場に向かいました・・・run

予想通り、「切れ目」付近は分厚い氷に覆われていましたpig

仕方ないので、氷の合間を縫ってキャストを繰り返すことになりましたbearing

-5℃のワリには、サカナの活性はよく、まぁまぁイイ感じでした。

(※この時は、まさか地震が起こるとは2人とも思っていませんでしたcoldsweats02)

しばらくして、東山湖名物の番犬(タンチ君?)がやってきてヤナギ氏の横に座りましたdog

普段は、ヤナギ氏のところは素通りして常連さんのところに挨拶に行くのに・・・think

「変だな~」と思いながら立ち去っていくのを見ていると、次々にお客さんのところへeye

そして、10分か15分くらいしたころだったと思います。

一瞬の静寂と供に、辺りの木が一斉に「ミシッsign03」と音を立てて軋み出しましたsad

と、同時に水際が波立ち、すぐに地震ということに気づきましたflair

フツーのケータイのヤナギ氏はすぐに管釣り部長のスマホを奪い情報収集にあたりました。

その最中に再び、辺りの木が「ミシッsign03」という音を立てて軋みました。

2回目の方が大きく感じました。

それもそのはず、2回目は「震度5弱(山梨県東部)」だったからです。

御殿場は「震度4」でしたが、震源からの距離を考えると「震度5弱」に近かったかもしれません。

震源地が道志村で、浜松方面には影響はなさそうだったので、続行することにしました。

地震が一段落すると、朝の高活性は無くなっていましたdown

それでも、ポツポツ釣れるので、スプーンで頑張ってみましたrock

すると、管釣り部長の竿が大きく弧を描きましたmoon3

スプーンだったので、ニジのデカイのだと思ったのですが、ナントsign01イトウさんでしたcoldsweats01

管釣り部長自身、久しぶりのイトウさんです。

おめでとうhappy01 やっと、2012年が始まりましたね。

午後になって切れ目付近の氷が融けたので、出張してきましたrun

しばらくして、土エリアの方から50cmくらいのサカナがヒョロヒョロこっちへやってきました。

ベビーバイブを通しても逃げる気配もなく、サイズもサイズだったので、

イトウさんと判断し、すぐにベイトに持ち替えてサイドステップ95を投入してみました。

何度か投げると「ツン」という感触があり、合わせると掛っていましたeye

イトウさんだと思っていたサカナは、ナントsign03ニジマスでしたscissors

しかも、♀だしhappy01

そして、午後から雪になりました。

2人とも、たき火の灰が舞ってきているのだと思っていましたsweat02

Imgp2538

(※土エリアの雪は2、3日前に降ったものです)

15:30を回ったころから道路の垣根に積り始めたので、「勇気ある撤退」を決意しました。

帰り道、裾野に入る辺りはかなり積もっていて、この撤退は正解だったようです。

で、ヤナギ氏の釣ったニジマスからは、大量のイクラちゃんが出てきましたlovely

ちゃんと、持って帰りましたよgood

Nec_2386

日曜の晩ご飯は、親子ちらし寿司(親は西友で買いました)にしましたheart04

念願のイクラちゃんは絶品でした~up

ちなみに、1回じゃ食べきれなかったので、月曜の朝もイクラご飯にしましたhappy02

今回は、色々ありました。

まずは、早くスマホにチェンジするsign01 (※4月目標) フツーのケータイでは情報が遅すぎる。

やっぱり、イクラはウマいsmile 頑張ってメスを狙っていくgood

何はともあれ、管釣り部長が「始まり鱒」をゲットできたので、めでたしめでたしwink

2012年1月18日 (水)

傘の呪

ナント今朝、我らが本拠地の浜松地区は雪でしたsnow

ちょっと、天気をかじっていたヤナギ氏的には「1000パー雪はないsign01」と断言し、床に着きましたgawk

本州南岸を低気圧が通過するときは、東海地方には暖気が入って雨になりやすいのです。

(※この場合、関東は大雪になることが多い)

今回はこのパターンだったのですが、色々ミラクルが重なって雪になったのでしょう。

それから、12月くらいに小僧に傘を買って以来、1滴も雨が降らない状態が続いていましたsun

ヤナギ氏家ではいつしか「傘の呪」と言うようになりました。

んで、よりによって初の使用がsnowだなんて・・・coldsweats02

春はいつ来るんだろ。

2012年1月15日 (日)

C-4シュリンプ恐るべし!

本日は、管釣り部長にラバージグ作成キットを渡しに行くついでに、ランディもやってきましたbleah

駐車場で管釣り部長と待ち合わせ、いざ出発sign01

現場に向かう道中、こんなやり取りがありました。

ヤ:「見えてるヤツ、先にやっちゃっていい~?」

管:「イイすよ」

ヤ:「バカ!マジで言ってんだぞ!」

管釣り部長は自分の目を疑う事態が訪れようとはこの時点では知る由もありませんsmile

岸際をチェックしていくと・・・居やがりましたscissors

では、C-4シュリンプ+自作スモラバ2.6gをGOsign01しました。

ランディさんは、「ピクン」と反応した後、ゆっくりとルアーに向かって行きましたcatface

「ペロン」と体をひねった後に、ロッドに「トン」とアタリがあったので、

すかさずアワセをくれましたが・・・少し早かったですcoldsweats02

「だから、釣っちゃうぞって言ったろhappy01

その一部始終を見ていた管釣り部長はあ然としていましたsmile

場所を休ませるために、移動しました。

岬の先端をパワーホグのテキサスで撃ち始めた2投目でした。

ゆっくりズル引いてくると、途中で「コン・・・ココン・・・コン」と断続的な感触がありましたeye

少し溜めて、アワセをくれましたがスカりましたbearing

戻ってきたワームはズレておらず、この時点では気のせいということにしました。

他に下流も上流もやってみましたがやっぱり冬ですねsnow

それでは、先ほどバラした場所へ戻ってみますかsign02

岸際をソ~と歩いて行くと、さっきより岸に近い所に定位しているランディさんを発見しました。

ではでは、C-4シュリンプ+自作スモラバ2.6gをGOsign01させてみますか。

沖目からシェイクで岸際まで誘ってくると、ランディさんは右を向き「パクッ」と行きましたlovely

慌てて岸に駆け寄ると、ナチュラルスライディングをしてしまいましたsweat01

それでもバレずにキャ~ッチwink

Imgp2530

またしても、46cmとナイスサイズでしたscissors

もはや、こりゃエサだなhappy02

福島さんが世に出したくない気も分かるな。

あとは管釣り部長だけです。

「ゲ~ヒ~が釣りたい」ということなので、ヤナギ氏が先頭を歩きながら探してあげました。

何匹か居ましたが、ナンカ気に食わないらしくルアーが目の前を通ると全て逃げましたdash

そして、先ほどヤナギ氏がテキサスで謎の感触を得た岬にやってきました。

ソ~と覗くと、ヘラ軍団の前に黒い影がcoldsweats02

「エsign03 じゃ~、さっきのはアイツかsign02

すかさず、管釣り部長に、「オイ、ランディ居る。イケ、イケsign01

と指示をし、管釣り部長は人のスピニングを奪っていきました。

管釣り部長が入ったときには逃げて行ったらしいのですが、

まだ近くに居るかもしれないので、何回か投げさせました。

4、5投したときでしょうか。

管釣り部長がアワセをくれましたが、残念ながらランブレイクwobbly

ラインが抜けた辺りに赤ヘルが居たので正体は不明ですが、

その赤ヘルさんの逃げ方は口に何かが掛った感じではなかったので

別のサカナの可能性が高いです。

と、なるとヤツしか居ないでしょうねshock 残念sweat02

帰り道にヒゲやニ~ゴイを狙ってみましたが、

釣りの勘の戻らない管釣り部長には釣れませんでした。

一通りいじめ倒したので終了となりました。

来週は、川バスツアーの下見に行ってきます。

2012年1月 9日 (月)

新規開拓

今年は管釣り部長と「川バスツアーやろう」という約束をしているので、某川の下見をしてきましたrvcar

橋の上を車で通過する感じでは、瀬続きであまりポイントらしい所は見つけられませんでしたwobbly

しかし、遊歩道を歩きながら岸際を散策すると、想像以上に深いsign01

「こりゃ、イケるhappy02

急いで車に戻り、準備をしていくつか撃ってみました。

すぐに、「コンsign03」とショートバイトがありましたsmile

が、フッキングはできずshock

その後は反応が無かったので、移動してみました。

下流も悪くなさそうなので、橋脚周りをやってみると・・・eye

「ギュ~」と強く持っていかれましたsweat01

最初はゲ~ヒ~かと思いましたが、何か違います。

そうです。コイツですcoldsweats01

Imgp2488

65cmの丸々とした赤ヘルさんでした。

ちなみに、C-4シュリンプ+自作スモラバ2.6gをマジ食いしてました。

(※口だから上がったのか・・・)

やっぱり、C-4シュリンプはスゴイですsign03

元旦は8lbでハチマルのミサイル、4lbでロクゴーの赤ヘルを獲っちゃうヤナギ氏ってステキheart04

さらに下流の払い出しも臭いかったですが、反応はなかったのでまた上流に移動しましたrun

先ほど、反応のあったコースをスモラバで通すと、「ク、クク~」と持っていかれましたup

アタリの時点で疑ってましたが、少し巻くと本命ではないことがすぐにわかりました。

60cmくらいのゲ~ヒ~ちゃんでしたthink

(※足場が悪く写真はなし)

その後は、根掛りばかりでスモラバもC-4シュリンプも使い果たしたので、終了になりました。

ロケーションはバッチリだったので、あとはタイミングな感じがしましたpig

また、行こうdash

2012年1月 7日 (土)

2012年の「始まり鱒」

2012年は元旦からテンコ盛りで、幸先良くスタートしましたhappy01

そして、今回は「始まり鱒」を求めて、東山湖に行ってきましたrvcar

諸事情により、「お一人様」となってしまいましたdespair

現地に到着し、恒例のチェックですheart01

Imgp2486

-2℃でしたsweat01 「湖面、凍るなshock

券を購入して、ポイントに向かいますrun

前回は初めからチビニジのアタリが来ましたが、今回は全く反応がありません。

無反応の状態は放流まで続きましたbearing

湖面の状態は、6時半~8時まで切れ目辺りが凍っていました。

当然、この時間はガイドもカッチカチでしたpenguin

1.8gのグリーン系に反応があることを突き止めたころで放流が始まってしまいましたwobbly

では、放流が落ち着くまでベイトでヤツを狙ってみましたpaper

すると・・・eye

Imgp2487

「オィオィ、来ちまったよnotes

47cmとまたまた50cmを切る事態ですが、「無い」よりはマシですcoldsweats01

翌日捌いたところ、白身に戻っていく途中の子でしたsweat02

(※前半分が白身で、後半分がサーモンピンク)

それから、放流でコーホが入ったらしく、午後からはそこそこ釣れました。

妻の知人に渡す分の8匹も何とか揃えることができましたgood

昼前にはイトウをゲットすることができたので、16:30には上がることにしましたend

2012年の「始まり鱒」にしては、上出来でしたup

記憶にある限りでは東山湖では2010年12月から4戦連続イトウをゲットしとりますsmile

この調子で今後も頑張り鱒sign03

2012年1月 1日 (日)

初釣り

明けましておめでとうございますfuji

正月くらい大人しくしていようと思ったのですが、曇るcloudもんだから・・・bleah

ちょっと、冬と気圧とサカナの関係について気になることがあったので、

初釣りを兼ねて管釣り部長宅前へ行ってきましたrvcardash

まずは、いつものポイントに入ってみましたが、沖目に赤ヘル軍団が見えるくらいで、

手前にサカナっ気は全くありませんwobbly

昨年、この場所でランディが釣り物になると確信したポイントへ移動しましたrun

パワーホグ4インチ(ソルト用)+1/4ozテキサスでズル引いてみました。

その1投目・・・イヤな予感がしていたのですが・・・sad

手前の護岸の切れ目で「ドンsign01」と重たい手応えが来ました。

2割の(本命の)期待を持ってアワセをくれましたが、ヤツでしたdown

Imgp2468

しかも、デカイしthink

2012年になって、いきなりハチマルですワ~coldsweats01

気配は感じたものの、攻め手に欠ける展開だったので、一番釣れるポイントに戻りました。

上流側からも下流側からもやってみましたが、ゲ~ヒ~先生が1回反応しただけでしたgawk

駐車場近くに気になるポイントがあるので、賭けてみることにしましたrun

その移動中、岸に頭を向けたランディ×2を発見しましたeye

「何だよsign01ココに居たのかよ~sweat01

でも、見えてるサカナは釣れないと言いますよねthink

では、「シルエットだけでバスが喰う」とメーカーが詠っているワームを投入してみましょうflair

・・・「グンsign03」・・・「オィcoldsweats02食ったsweat01

Imgp2470

40チョイあるしbleah

「ヤバイね、このワームnotes

リリース後に着底した姿を再確認しましたが、やっぱり手長エビそのものですhappy02

こりゃ、キビレシーズンが待ち遠しいのぉheart01

辺りには結構な数のゲ~ヒ~先生が寝んねをしているので、大きそうなのをやっと来ましたgood

Imgp2473

いきなり、ナナマル~scissors

初日から、ランディ・ミサイル・ゲ~ヒ~の3種盛でしたhappy01

どれも、年間目標に届くサイズでしたscissorsscissors

いきなり、こんなに釣れてしまって、今年の釣りはどうなるのだろうかcoldsweats02

気になっていた、冬と気圧の関係は多少あるのかもしれません。

明らかにサカナの動きが活発だったように感じます。

スポーにングが始まる3月くらいまで継続調査を行いたいと思います。

最後に小ネタbleah

大晦日にパワーホッグを付けっ放しで、小僧と買い物に出たら・・・。

小僧に「ナンカ、くさいね~gawk」と言われてしまいましたsweat02

バークレーのワームはちゃんと仕舞った方がいいですねpig

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »