フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

潮見表

無料ブログはココログ

« 本日もダブルヘッダー | トップページ | オペ »

2011年11月10日 (木)

EGルアーとの出会い

ビールを飲みながら、BS日テレのイトウby細山長司を見たところ気分良くなったので書きますbeer

この録画を見て、渓流釣りは現在のリバーシーバスにも通ずる原点であると実感しました。

最近、EG社の信者みたいになっているヤナギ氏ですが、

ヤナギ氏がエバーグリーンルアーと出会ったのは小学生の頃だったと思います。

当時は村田基氏がメディアの頂点にいて、子供はみんなスコーピオンに憧れた時代です。

ルアーはM社、Z社(倒産)が破格値が付き、EG、LC、Dが追従する格好です。

確か、エバーグリーンはスレッジが全盛だった頃だと思います。

EGとLCも抱き合わせなど、子供には到底手が出せないような値段がついている状態でした。

そんな子供をあざ笑うようなメーカーはあまり好きでありませんでしたdespair

ちなみに、ヤナギ氏は当時流行っていたナイキのエアーマックスも嫌いでしたhappy01

(※野球人であればイチローが履いているアシックスだろということでアシックス一筋でした)

たぶん、エバーグリーン製品を初めて手にしたのは、

大学を卒業して何のきっかけだったか覚えていないのですがSプロに呼ばれて、

釣り部の管釣りイベントに参加したときの賞品にスレッジが入っていた時だったと思います。

子供の頃のトラウマがあり、スレッジがすぐにボックス入りすることはありませんでした。

(※スタイルにはベストマッチだったが、Yオークションにポイするつもりだった・・・despair

その数年後の入社のあいさつで「趣味は釣りです」とケンカを売ってきたヤツがいましたannoy

それが管釣り部長ですcoldsweats01

これまでも同じようなことを言ったヤツはいたが、いわゆる社交辞令で本気のヤツは初めてでした。

管釣り部長は珍しく淡水専門で将来有望な感じがしましたねup

ですが、タクティクス+メタマグDCと、完全にイッチャッテル子でしたhappy02

当然、そんな人が使うハードルアーと言ったらエバーグリーンルアーです。

そして、2008年6月に初めて巴川に連れて行ったときでした。

大雨で、本流は茶濁りが時間を追うごとに増してくるような状態でした。

ヤナギ氏が支流に入ったシーバスを発見し、阿修羅で散々撃ったのですが釣れず・・・weep

管釣り部長が、同じコースを通すと慌てふためいているじゃないですかsign03

60cm位でしたが悔しい一本でしたdown

その時、管釣り部長が使っていたルアーがM-1ミノーでしたpaper

これまでのEGルアー嫌いがちょっと好転した瞬間でした。

そのチカラに魅せられ秋のシーバスシーズンから、

2軍ボックスの奥底にしまっておいたスレッジが1軍昇格しました。

10月末の雨後にJ社のロングビルミノーを散々通した後にスレッジにチェンジすると・・・coldsweats02

ヤナギ氏にとっては、浜松地区最大級となる77cmのシーバスを連れてきましたheart01

その後、菊元さんなどEG社の人々が次々と動画やブログを始めたことにより、

ルアーへのこだわりがわかり、とても好きになりましたheart04

(※某M社のルアー=自己満足ルアーと思っている)

そして今年になりサイドステップ95が発売されることが発表されました。

昨年から11cmの方を管釣りのイトウに使っていたのですが、あまり印象は良くなかったです。

しかし、ダウンサイジングすると聞いた時は「シーバスしかないsign03」と確信しました。

磐田の公園はサイドステップを手にする前まで、

トレースコースでボイルするのにルアーには食わないという状況でしたthink

発売と同時にダモンデ(ノーマル)とビッグバイトチャート(ボーン)を購入し、

磐田の公園でダモンデを使ったところ、1投目からいきなり60cm後半が出ました。

翌週にはビッグバイトチャートで71cm。

その翌週は水温が下がったのにダモンデで60cm中盤と、

他のルアーの出番が無いくらいに釣れました。

となると、とにかくエバーグリーンルアーを先発で行かせたくなるじゃないですかsmile

市内で釣りをしても、下まで降りれるところはサイドステップ、

足場が高ければスレッジと、エバーグリーンの独壇場となりました。

やはり、結果はちゃんとついてきますhappy01

他のルアーを使っていないので比較はできませんが、

バイトが深いのでかなりやる気を持って挑んできていると思いますgood

ヤナギ氏はただ名前(メーカー名)だけで選んでいるワケではないですよrock

この選択は必然なのですflair 釣れるからですsmile

「ココだsign01」と思ったところで、5投以内にちゃんと連れてくるのですからnotes

サイドステップ95の調子が良すぎるので、東山湖のイトウにも使ってみようと思います。

sign03 ヤナギ氏の使わず嫌いを克服させてくれた管釣り部長にも感謝ですwink

« 本日もダブルヘッダー | トップページ | オペ »

ルアー」カテゴリの記事

会長」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1482428/42947558

この記事へのトラックバック一覧です: EGルアーとの出会い:

« 本日もダブルヘッダー | トップページ | オペ »